ANNGLE公式グッズストアオープン!

コーンケン県で3日間行方不明の男性救助

タイの自然の雨水と果物が人を救う

コーンケン県で3日間行方不明の男性救助

コーンケン県で3日前から行方不明になっていたイギリス人男性Barry Wellerさんが救助されました。彼は8月31日バイクで帰宅途中に森の中に迷い込み、行方がわからなくなっていたものです。地元住民がカオスアンクァン地区の山で、靴がなく、体にひっかき傷のある彼を発見。ドンイェン僧院で再会を待っていた妻のTawee Chaisaenritさんの元へ連れて行きました。Wellerさんは検査のためにカオスアンクァン病院に運ばれ、医師の許可があれば帰宅が許可されます。

Taweeさんは、31日に夫の不在をウボンラタナ警察署に報告。UbonRattana地区とKhaoSuan Kwang地区の警察と救助隊が彼を探し始め、その夜、UbonRattanaのBanNongSaeng近くの水田に彼のバイクだけが駐車してあるのを発見しました。今回の原因についてWellerさんはバイクを駐車して山を散歩して帰ろうとしたが、駐車場に戻る方法を思い出せなかったと話しました。

タイの自然が奇跡を起こす

捜索に参加した救助者のSomkuan Wiengkaew氏は、Wellerさんは森で収穫された雨水と果物で生き残ったと語っています。厳しい環境下で3日間生き延びていたことはタイの自然のおかげです。

コーンケン県はタイ東北部で2番目に大きい県で、バンコクから北東へ約445キロメートル行ったところに位置します。タイ東北部のなかでも降水量は少なく、雨季は平均で5月から10月前半までです。しかし現在にあたる8・9月は降水量・降雨日数ともに増えるため、雨水がWellerさんを救いました。気温も年間を通じて暖かく、平均最低気温約11度、平均最高気温約39度です。

source:BANGKOK POST

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580