ANNGLE公式グッズストアオープン!

MRTブルーラインとバンコクとBTSグリーンラインを結ぶスカイウォークがオープン

スカイウォーク開業で利用者の利便性向上と交通渋滞軽減を目指す

交通渋滞軽減のためスカイウォーク開業

2020年10月5日月曜日バンコク・メトロ(MRT)ブルーラインとバンコク・スカイトレイン(BTS)グリーンラインを結ぶスカイウォークがオープン。オープン前の10月2日金曜日には、国営のタイ高速度交通公社(MRTA)の副知事であるWittaya Panmongkol氏が、スカイウォークを訪れ、月曜日の正式開業を前にシステムの準備状況を確認しました。

スカイウォークは全長300メートルで、MRTブルーラインのパホンヨーティン駅とBTSグリーンラインのBTS ハーイェーク・ラプラオ駅を結んでいます。スカイウォークの完成によって、列車システムと一般の歩行者の双方に便利な通路を提供し、このエリアの交通渋滞を減らすことを目的としています。

タイの首都バンコクを走る鉄道網、MRTとBTS

MRTブルーラインは、バンコクの輸送需要増加や慢性的な交通渋滞の緩和を図り、2004年に開業した高速鉄道です。国営のタイ高速度交通公社(MRTA)が路線の建設や施設を保有し、民間会社のBEMが運営。2017年には路線を延長し、今ではタープラ駅からラックソーン駅まで約48km、38の駅で構成されています。

BTSグリーンラインは、バンコク大量輸送システム社(BTS)が経営する「バンコク・スカイトレイン」のスクンビット線の一部で、クーコット駅からモーチット駅まで19 kmの区間に16の駅があります。

source: THE NATION THAILAND

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580