タイの観光はバンコクだけじゃない、地方民泊サービスが急成長

自宅などを宿泊施設として貸し出すインターネット上のサービス「Airbnb」は現在、世界30カ国で約1,000億バーツの経済効果を生みだしている。昨今、いわゆる「民泊」の利用者が増加しており、タイでも昨年一年間の経済効果は330億バーツに上る。

観光スポット、イベント情報も宿泊者に提供

同サービスに参加する家主は、宿泊場所だけでなく、地元の飲食店や観光スポット、イベント情報なども宿泊者に提供しているという。「ビジネスチャンスが増えて、地方の人たちも副収入を得られるようになった」と同サービスを手掛けるディレクターのマイク氏が指摘する通り、地域経済への波及効果は年々増加の一途をたどっている。また同氏によると、家主の半数以上が大きな利益を上げているという。

外国人観光客とのトラブルなどでバンコクの一部ではAirbnbを禁止しているコンドミニアムも多い、しかし、チェンマイやウドンタニーなどの地方都市では需要が拡大しつつある。

See Also
パランちゃんとふなっしー

source:Matichon

タイの地方都市のAirbnb

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top