ANNGLE公式グッズストアオープン!

プーケットの路面電車プロジェクトが電気バスに置き換えられる可能性が浮上

予算を100億バーツを節約できる電気バスシステムに計画を変更か

路面電車プロジェクトを電気バスシステムに変更か

11月5日木曜日、タイの運輸省長官は移動閣議で、プーケット州の大量輸送システム(トラム)の進捗状況について報告。当初計画していた路面電車プロジェクトを、予算100億バーツを節約できる電気バスシステムに置き換えることを検討しています。

代替案の電気バスシステムはバス高速輸送(BRT)システムであると予想され、プーケットの道路の中央分離帯に沿って走ります。プロジェクトは今年中に承認を受けるため内閣に提出され、サービスは2026年開始予定です。

将来的にプロジェクトは、プーケット空港のパンガー行きの列車に接続して、パンガー県に旅行する人々や観光客の旅行を容易にする計画があります。

当初の計画と今後の動き

8月に行われた運輸省と高速鉄道公社(Mass Rapid Transit Authority of Thailand: MRTA)の会合では、プーケット国際空港~チャロン交差点の約41.7kmを対象に、予算は352億バーツ(約1,120億円)で路面電車を計画。しかし路面電車に関する調査では、1日あたり39,000人のユーザーしか引き付けられず、費用対効果が低いと推定され、また海外の大都市が電気自動車(EV)の使用を採用していることを受け、同省は高速鉄道公社に建設費を削減するためのオペレーティングシステムの調整を検討するように指示していました。

MRTAはプロジェクトの詳細を設計中で、まだ改善できます。ドラフトの委託条件は、路面電車を開発するだけではないので、時間の変化に応じて、より安価で価値のある従来のバスに置き換える必要があります。

source:THE NATION THAILAND

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580