ANNGLE公式グッズストアオープン!

経済活動を刺激し、総支出額が137.6億バーツに達する

783万人の消費者が補助金を申請し、消費行動が活発化

政府が経済活動を刺激するプログラムを導入

タイ政府はCovid-19パンデミックによる深刻な経済的打撃を回復させるため、「Khon La Khrueng」(Let’s Go Halves)という消費を刺激するプログラムを開始しています。当初の計画では10月23日に開始し、12月31日に終了する予定です。

当局は「Khon La Khrueng」が始まり3週間が経つ11月13日、プログラムによって137億6000万バーツの個人消費を生み出したと発表しました。財務省のFacebookページによると、65万人以上の小規模事業者が計画に参加し、783万人が補助金を申請。総支出137億6000万バーツのうち、70.1億バーツが消費者によって費やされ、政府は67.5億バーツを補助しました。1回の取引あたりの1日の平均支出は207バーツで、支出の上位5州は、バンコク、ソンクラー、ナコンシータンマラート、スラートターニー、チェンマイです。

プログラムの仕組み

財務省と国営のクルン・タイ銀行は共同で、週末を含めて毎日「Khon La Khrueng」に参加している店舗に送金する新しいシステムを作りました。これにより店舗側は消費者が購入した後、毎日お金を受け取れます。

プログラムでは、小さな店で購入する登録者は半分の価格しか支払わず、残りは政府が助成します。そのため政府は、食品、飲料、一般商品の購入の50%を1日1人あたり最大150バーツで支払い、プログラム期間中の補助金の総額は1人あたり3,000バーツに制限しています。

source:Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580