Now Reading
タイ在住外国人約400人が違法就労で逮捕

タイ在住外国人約400人が違法就労で逮捕

タイ警察は7日までに、外国人の就労を禁じている職業に従事したとして、約400人を逮捕した。このうち、東南アジア出身者を中心にすでに200人以上が母国に強制送還された。タイでは自国労働者の保護や文化の保全のため、屋台営業、果物や花の路上販売、バイクタクシーやマッサージ業などへの外国人の就労を法律で禁止している。

今回の調査では外国人労働者約1200人のうち、違法に働いていたミャンマー人約120人、ベトナム人約100人、ラオス人約60人などを拘束。罰金総額は100万バーツ以上に上るという。

外国人がタイ国内で仕事をする場合、労働許可証(ワークパーミッド)の取得が必要不可欠。また、タイ人しか就けない職種もあるので注意が必要だ。職業斡旋局によると、違反者には5,000~5万バーツの罰金が科される。

See Also

source:Sanook

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top