Now Reading
心霊スポットの建物を売却、民間企業がホテルなど再開発

心霊スポットの建物を売却、民間企業がホテルなど再開発

財務局は12日、アユタヤ県の空き家「バーンキヨークンピタックボリハーン」など全国約200カ所の心霊スポットといわれる古いビルや建物などを、再開発用地として民間企業に売却し、ホテルやカフェなどの建設を進めると発表した。再開発用地を取得した企業は、古い建物の歴史的な外観を残しながらホテルなどを建設する。

まずは同県でラマ9世時代の100年前に建てられたという心霊スポットの民家から着手し、その後はノーンカーイ県の旧関税局ビル、バンコク都内の施設などで開発を進めるという。同局は、心霊スポットの建物などを同局が開発するよりも、民間企業による再開発のほうが効率的だと判断。現存する古い建物は希少性が高いことから、民間企業に対して外観などは大きく変えないよう求めた。

source:DailyNews

Photo by dailynews

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top