Now Reading
タイ工業連盟が海洋ごみ削減提言、環境保護活動やレジ袋有料化

タイ工業連盟が海洋ごみ削減提言、環境保護活動やレジ袋有料化

タイ工業連盟のスパン局長は、タイの観光地で海に大量のごみが捨てられている現状を問題視し、政府に対してごみを適切に捨てることを推進する「マジックアイ・プロジェクト」を実施するべきだと訴えた。同連盟は「海にごみを捨てる国ランキング」でタイがワースト6位になっていると指摘。同プロジェクトは20年以上前から実施されており、タイ人の環境保護に対する意識を高めるためにも再開すべきと強調した。

Photo By matichon

同氏はプラスチック製レジ袋の有料化にも言及。デパートやコンビニなどでレジ袋を必要とする際は2バーツを徴収し、処理費用に充てることなどを財務省に提言している。同連盟に所属するプラスチック関連企業は、2024年までに海洋ゴミを半減させることを目標としている。

プロジェクト名の「マジックアイ」には、どこにいても監視の目があり、ごみを不適切に捨てたものは捕まえるという意味が込められている。

See Also

source:Matichon

Photo By matichon
© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top