ANNGLE公式グッズストアオープン!

[動画]野生の象が民家に侵入して餌を食べる

タイと象の深い関係

象による民家の被害

6月20日日曜日、プラチュワップキーリーカン県の民家に野生の象が侵入し、その写真とビデオクリップが、netizensの間で話題になりました。家の壁が壊され、中が丸見えになるほどの被害です。

家の所有者であるRachadawan Phungprasoppornは、Facebookで、象がプラチュワップキーリーカン県ホアヒン地区の彼女の家に毎日食べ物を求めてやってくるという記事を投稿しました。実際にキッチンの壁が象によって壊されています。国立公園野生生物植物保護局および州内の他の政府機関は現在、家の所有者に損害を補償することについて検討中です。

プラチュワップキーリーカン県とタイと象の関係

プラチュワップキーリーカン県はタイのチャンワット中部に分類される県の一つで、マレー半島の北部にあり、タイの県の中でも格別に狭くなく、日本の群馬県ほどの大きさです。特に県庁所在地の南部においてはタイランド湾からミャンマー国境までは、13kmしかありません。県内には1966年に設置されたカオ・サームローイヨート海洋国立公園があり、タイで最大の淡水湿原を有し、マングローブ林や泥地帯もあります。

タイの国獣である象(アジアゾウ)。国旗、国歌、国花など、その国を象徴するものは色々ありますが、国獣=国の動物と言われているものに、タイでは象が当てはまります。なかなか思いつきにくいものですが、タイの国旗もつい100年ほど前までは、中央に象が大きく描かれたデザインでした。それほど関わりのある象による被害に世間を騒がせました。

source:THE NATION THAILAND

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580