Now Reading
男性器への異物注射に注意、機能低下前に早めに診療を

男性器への異物注射に注意、機能低下前に早めに診療を

タイ医療評議会は7日、年間数千人の男性が自身の性器を大きくするために異物を注入していると投稿。同評議会の公式フェイスブック上で、異変が起きた場合は医師の診断を受けるよう呼び掛けた。

タイでは性器の大きさによって性行為の快楽度が異なると信じる人が多く、20~30代を中心に、性器を大きくしたいと望む男性も少なくない。しかし、異物の注射は血尿やウイルス感染に加え、膀胱が腫れるといった排尿障害を引き起こす危険性が潜んでいる。

40~70代の男性2269人を対象にした2008年の調査では、男性ホルモンの減少により約4割が勃起不全に陥っていたが、病院を訪れた人はわずか3%だったという。男性ホルモンの減少は、さまざまな病気を誘発する可能性も孕んでいる。同評議会では、早めの受診を訴えている。

source:DailyNews

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.