\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

僧侶が泣くシーンが不適切としてタイの人気映画が上映禁止!?

タイの僧侶
タイの僧侶
Last updated:

タイの僧侶の半生を描いた映画「タイバーン・ザ・シリーズ2.2」が、先行上映開始の2日前に迫った11月20日、不適切なシーンがあることを理由に急遽上映禁止となった。

興行収入5,000万バーツ以上を記録した大ヒット映画「タイバーン・ザ・シリーズ」の続編で、映画関係者のみならず多くの人が落胆している。

タイバーン・ザ・シリーズ 2.2
タイバーン・ザ・シリーズ 2.2

映画は不適切とされたシーンを省き上映

同映画のオーム監督によると、問題視されているのは僧侶が亡くなった交際相手の棺の前で泣くシーン。なぜ不適切という判断になったのか詳細は不明という。上映禁止は映画の宣伝手法の1つではないかという声が上がっていることに対し、同監督は「キャストやスタッフら皆が上映禁止を悲しんでいる。宣伝ではない」と説明した。

その後、映画は不適切とされたシーンを省き、同24日に上映をスタート。同24~25日の2日間だけで4,600万バーツの興行収入があり、早くも週間1位に輝いた。

source:Khaosod

こちらの記事どうぞ
2020年東京オリンピック開催決定に喜ぶタイ人 【タイ】2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市が東京に決まったことについて、タイのインターネット上には「おめでとう!」、「バンザイ!」など日本を祝福するコメントが相次いだ。 引用元: 2020年「東京五輪」 タイのネットは祝福ムード ...
伝統的なタイのお正月!水かけ祭りソンクラーンで爆発するタイ国民の「ノリ」... 由緒正しき伝統的なタイのお正月でありながら、水掛け遊びに狂った人が騒ぎまくるソンクラーン(通称:水掛け祭り)が今年もやってきた。 タイのお正月「ソンクラーン」は互いに水をかけることで、一年の邪気を払うという言い伝えがあり、タイの人にとって最もめでたい日。...
ホームレスが財布を拾い警察に届け出、持ち主が仕事と住居を提供... タイで落し物をしたら返ってこない。それは昔の話!? タイ人のタリカパティさんは今週の月曜日、MRT(地下鉄)ホイクワン駅付近で20,000バーツ(約6万円)の入った財布を落とした。彼はすぐさま最寄り警察署に忘れ物が届いていないかと連絡…すると、『駅付近で見つ...
神戸の「one earth one village」にてバーンロムサイの展示販売会... 4月6日(金曜日)〜25日(水曜日)まで、兵庫県神戸の「one villafe one earth」にて「バーンロムサイ展〜生きるをつくる、ものづくり〜」が開催。チェンマイバーンロムサイのホーム工房で製作した様々なオリジナル商品を展示販売。山岳民族カレン族の伝...
よく見られてる一本
タイのミシュランガイド
ミシュランガイドがタイに及ぼす影響