ANNGLE公式グッズストアオープン!

バンコクで13種類の商業施設再開

BMAは商業施設の規制緩和とそれに伴うルールを発表

BMAはバンコクで13種類の施設再開を許可

バンコクの行政と立法府を統括するバンコクメトロポリタンアドミニストレーション(BMA)は1月22日よりゲームセンターやショップを含む13種類の施設の再開を承認。今回の規制緩和はバンコクの知事Aswin Kwanmuang率いる伝染病管理委員会が、医師や医学界隈の方との話し合いで決定が下されました。

年末年始で感染者数に変動のあったバンコクは、BMAの見解でCovid-19を制御するのに1か月必要と考えられています。現在バンコクは、昨年末から今月初めの1日約50件の感染者から、1日に約10件の新規症例に減少しています。

緩和ルールと規制が続く施設

主なルールはゲームセンターやショップでのフェイスマスク着用、高齢者への配慮、ボクシングスタジアムや競馬場のないスポーツ施設は無観客で営業可能、食事するパーティー会場の人数制限などがあります。また仏のお守りセンター、群衆は禁止され、フィットネスクラブはトレーナーやエクササイズマシンの距離を少なくとも2メートル離しています。

一方でパブやスポーツ施設を含む13種類の施設は閉鎖されたままになります。詳細としては以下13の施設です。パブ・バーおよび同様の娯楽施設、子供の遊び場と遊園地、ボクシングスタジアム、スヌーカークラブとビリヤードクラブ、競馬場、闘鶏リングと練習場、闘牛場、デイケアセンター、入浴パーラー、マッサージパーラー、保育園、ウォーターパーク、塾やあらゆる種類の教育機関。

source:Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580