\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

タイで新型コロナウイルスの変異種による死亡が発生

80代の女性の死亡確認

タイで新型コロナウイルスの変異種による死亡が発生

タイで1月16日、新型コロナウイルスの変異種、オミクロン変異体が原因と考えられる死亡が1件確認されました。オミクロン変異体の最初の症例を検出してから1か月ほど経ち、全国的に警戒が強まっているのはもちろん、タイでも信じられないほどの伝染力で広まっています。

州の保健当局によると、今回確認された死亡はもともと寝たきりでアルツハイマー病を持つソンクラー県のハジャイ地区に住む86歳の女性です。感染源は彼女の孫がプーケットから戻った際に、感染していて、彼女にも感染したと考えられています。彼女はファイザーCOVID-19ワクチンを2回摂取済みでした。

広がる感染と医療状態

彼女の病状は1月7日に最初に陽性を示し、ハジャイ病院に入院。彼女は呼吸困難と38.5℃の発熱がありました。その後病状はよくならず、先週の水曜日に病院で亡くなり、オミクロンに感染したことを確認する実験結果が数日かかり現在に至ります。

現在タイ全土で感染が広がっている変異種によるころな感染は人々の病気を軽減しているように見えますが、病院のベッドは驚くべきスピードでいっぱいになり続け、医療システムに負担をかけています。現在、患者数は1月1日の33,000人からさらに増え、80,500人以上がこの病気の治療中です。しかし16日に報告された8,077の新たなCOVID-19症例は、数値だけでかなり過小評価されている可能性があります。

source:COCONUTS BANGKOK

ANNGLE STORE
オフィシャルグッズストア