Now Reading
中国から貸与されたパンダ死亡、タイ政府が約5千万円の賠償

中国から貸与されたパンダ死亡、タイ政府が約5千万円の賠償

チェンマイ動物園は8日、先月16日に死亡した雄のジャイアントパンダ「チュアンチュアン」の死因が心不全だったとの検死結果を発表した。

栄養状態は良好で、外傷もなかったという。「チュアンチュアン」は2003年に中国から貸与され、同園で飼育されていた。検視で動物園に過失は認められなかったが、契約に基づき、タイ政府は中国政府に1,500万バーツの賠償金を支払うことになった。

source:khaosod

Photo by Khaosod

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top