\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

バンコク 観光客受け入れを10月15日に延期

ワクチン接種率の低迷による延期の決定

ワクチン接種率不十分 観光客受け入れ延期へ

タイ観光局の最高幹部によると、ワクチン接種済みの外国人観光客受け入れ再開日が10月1日から10月15日に延期されることになりました。主な理由として、首都内のワクチン接種を受けた住民の数が少ないことが挙げられます。観光・スポーツ省大臣のピパット・ラチャキットプラカーン氏は、次のように話しました。「バンコクの人口の70%がワクチン接種を完了した場合にのみ、観光客受け入れ再開を進めることができる。しかしながら、今週の時点での接種率は未だ37%という現状。」

また、受け入れ条件についての詳細は言及されていません。外国人観光客はバンコクに到着後14日間の隔離が必要なのか、もしくは「プーケットサンドボックス」プログラムのように市内を自由に観光できるのかは不明のままです。

専門家が観光客受け入れを懸念

タイのプラユットチャンオチャ首相は、10月1日までにバンコクと他の4つの州で外国人観光客を受け入れる考えを進めていましたが、ワクチン接種完了者の人口数が十分ではないと危惧する一部の医療専門家から延期の提言を受け、バンコクのアサウィン・クワンムアン知事と観光省の会談の後に決定されました。

シリラジ病院の医学部のプラシット・ワタナパ博士はメディアに対して、「タイはワクチン接種の割合が低いため、受け入れ再開する準備ができていない。プーケットでは毎日多くの感染者が出ている。政府は最近のプーケットの感染者数に注意を払うべき。」と語りました。

source: Khaosod English

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580