Now Reading
オープン間もない赤レンガ風商業施設アジアティークで今日午後、火災発生。現場は一時、騒然に!

オープン間もない赤レンガ風商業施設アジアティークで今日午後、火災発生。現場は一時、騒然に!

バンコクのチャオプラヤー川沿いに建ち、今年4月にグランドオープンしたばかりのタイ初となる赤レンガ風商業施設「アジアティーク ザ リバーフロント」で18日午後、火災が発生。付近一帯の立ち入りが規制されるなど、現場は一時、騒然となった。

火災があったのは、飲食店が立ち並ぶレストラン街「8番倉庫」で、火元となったのは、Happy Fishという川沿いに面したシーフード・ワインレストラン。厨房近くのガスボンベが何らかの原因で爆発したと見られている。

タイ「デイリーニュース」のサイトから

爆発があったのは午後2時すぎ。ポンプ車が出動するなど消化まで1時間を要したが、死者や大きなけが人はいなかった。警察などでは爆発の原因について調べている。

同上

今回の爆発火災事故について、タイの地元ニュースサイト「デイリーニュース」は警察関係者の話として、延焼したのは延べ約200平方メートル、建材に使われた発泡剤に引火したことによって火の周りが早まったと伝えている。

写真提供:TRAPS&WANA

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top