ANNGLE公式グッズストアオープン!

タイ空港公社、空の旅復活計画へ

需要回復予想を基に着手

海外旅行需要復活へ向けた対策案の策定

海外旅行の需要は2021年の第4四半期に大幅に回復さえれると予測されており、スワンナプームを含む6つの空港を管理するタイ空港公社(AOT)は、それに対応するために、ビジネスおよびマーケティング計画を策定することを発表しました。

AOTは、パンデミックをきっかけに航空業会が航空サービスを再構築するのを支援するために2020年11月30日(月)~12月4日(金)に開催された「Routes Reconnected」というバーチャル会議での議論を基に、国際線の再開が見込まれる2021年から2022年までの短期的なビジネスおよびマーケティング計画を作成する準備を進めています。

航空業会の現状と今後

国内線の約80%は回復してきましたが、ほとんどのアジア諸国では国際商用便の運航便を許可していません。このような状況の中で、世界中の航空会社や空港は貨物運航やチャーター便で新しい収入源を見つけることを余儀なくされています。

Informa Ltd. が主催するバーチャルイベントは、航空機産業コミュニティがパートナーシップを築き上げる機会を提供することを目的としていました。以前、AOTは航空旅行者の数がそれぞれ5,500万人から1億2,800万人と推定される2021年から2022年の間に新しい収入源を見つける必要があると述べ、7月にAOTは入国者数が前年の1億4,100万人から3,881万人に急減すると予測しました。

AOTのNitinai Sirismatthakarn社長は当時、食品・貨物・地上サービス・メンテナンスの4つの関連事業がリスクにさらされており、AOTのサービスと運営に影響を与えるとの結論に達したと述べました。

Source:Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580