Now Reading
サムイ島のビーチで拾った石は龍涎香か?発見者が鑑定依頼

サムイ島のビーチで拾った石は龍涎香か?発見者が鑑定依頼

サムイ島のビーチ

スラーターニー県サムイ島に住む男性が、地元のビーチで高級香水に使われる龍涎香(りゅうぜんこう)とみられる10キロほどの石のようなものを発見し、話題になっている。

本物なら100万バーツ以上!?

龍涎香はマッコウクジラの腸内で発生する結石で、10キロ当たり100万バーツ以上で取り引きされるケースもあるという。龍涎香を拾ったのは、地元に住むブンヨット氏(44)。約1年前に同島のカーキービーチで、ろうそくのような黄色い塊を発見。龍涎香かどうか判断できないまま、拾って持ち帰った。

謎の石 Photo by Thairath
謎の石 Photo by Thairath

オランダ人の専門家が鑑定

後日、友人に見せたところ「龍涎香かもしれない」と言われ、一気に話が広がった。研究機関からも連絡があり、真贋を調べるため、ソンクラー県在住のオランダ人の専門家に鑑定を依頼。専門家は「過去に発見さ
れた龍涎香にとても似ている」と自信を覗かせるが、現在も鑑定中だ。

See Also

オランダ人の専門家が鑑定 Photo by Thairath
オランダ人の専門家が鑑定 Photo by Thairath

source:Thairath

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top