Now Reading
バンコクを犯罪ゼロの街に、AI監視カメラで顔認証や分析

バンコクを犯罪ゼロの街に、AI監視カメラで顔認証や分析

タイの警視庁は7月25日、都内ホワイクワン地区に人工知能(AI)を試験的に導入し、「犯罪ゼロの街」を目指す計画を発表した。最先端技術を活用したスマートシティの実現に向け、公共の場所に施設などにAIシステムを導入し、国民や地域の安全を確保したい考え。

同計画では、ホワイクワン署が管轄する約20万平方メートルに設置される監視カメラにAIを接続。撮影画像をもとに顔の認証ができる他、失踪者の捜索、ひったくりや暴力事件といった犯罪行動の分析などが可能になるという。

首都警察部長のセーニット氏は「犯罪の撲滅には警察職員による職務の遂行はもちろん、最新技術の導入も欠かせない」と同計画に必要性を強調。また、同システムの運用者は「この取り組みが成功すれば、別のプロジェクトにも展開していきたい」と語っている。

See Also

source:Matichon

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top