「ASEANと高齢化」タイは既に“高齢化社会”に突入している

タイの高齢化社会
Last updated:

2016年6月に、社会開発・人間安全保障省次官事務局及びタイ国家統計局傘下の情報通信技術センターが発行した文書『ASEANの高齢者人口』に記載されている各種データを基に、ASEANの国別人口やその構成高齢化の進捗度合いや予想について見ていきたいと思います。

ASEAN 国別人口と高齢者・労働人口一覧(2015年)
ASEAN 国別人口と高齢者・労働人口一覧(2015年)

ASEAN 国別人口ランキング トップ3(2015年)

1位 インドネシア 2億5756万人(ASEAN全体の40.73%を占める)
2位 フィリピン 1億70万人
3位 ベトナム 9345万人

タイは4番目に多く、6796万人となっています。

ASEAN 国別高齢者(60歳以上)割合が高い国 トップ3
(2015年)

1位 シンガポール(17.86%)
2位 タイ(15.79%)
3位 ベトナム(10.28%)

シンガポール
シンガポール

ASEAN各国における「社会の“高齢化”」

一般的な高齢者の基準とされる「65歳以上」の人口割合(=「高齢化率」)を基に、過去及び予想数値を出しているのが以下の表です。

ASEANと高齢化社会
ASEANと高齢化社会

2015年の時点でタイは既に「高齢化社会」

タイ
タイ

表を見ると、2015年の時点でタイとシンガポールは既に高齢化社会に突入していることが分かります。

タイは、2030年には高齢化率が20%近くとなり「高齢社会」に、そして2050年にはその割合が30%を超え「超高齢社会」を迎えると予想されています。

タイの人口推移
タイの人口推移

タイと同じく既に高齢化社会であるシンガポールは、2030年には高齢化率が23%を超え「超高齢社会」に突入し、2050年にはその割合が34%近くになることが予想されています。

なお、日本は2015年の時点で65歳以上の高齢者の割合が26.7%となっており、既に「超高齢社会」です。
(日本の高齢化率は、2030年には31.6%に、2050年は38.8%に上昇することが予想されている)

タイ
タイ

ASEANの人口構成は若者が多いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、第二次世界大戦後から現在に至るまでの状況が国によってかなり異なるため、国別に見るとその人口構成には差が出るようです。

Source:
ASEANの高齢者人口 2016年6月 社会統計全書』(社会開発・人間安全保障省次官事務局・情報通信技術センター発行)
平成28年版高齢社会白書(内閣府発行)

あなたにオススメの3本
僧侶が泣くシーンが不適切としてタイの人気映画が上映禁止!?... タイの僧侶の半生を描いた映画「タイバーン・ザ・シリーズ2.2」が、先行上映開始の2日前に迫った11月20日、不適切なシーンがあることを理由に急遽上映禁止となった。 興行収入5,000万バーツ以上を記録した大ヒット映画「タイバーン・ザ・シリーズ」の続編で、...
タイ国際空港でまた転落死!空港内は危険場所が多い... 3月2日の11時30分頃、バンコクのスワンナプーム空港で64歳のカナダ人男性がターミナル4階の出入口通路から転落し、全身を強く打って搬送先の病院で死亡した。 付近にいた目撃者の情報によると、飛び降りた男性は出入口付近にカートを残して自ら手すりを乗り越えた...
座席指定も可能なタイのバスチケット予約アプリ 運輸有限会社は、自社が運行する長距離バスなどのチケットを予約できるスマートフォンアプリを開発したと発表した。乗車する90日前から予約・購入でき、出発時間の検索や座席の選択、予約状況の確認なども可能。 運賃はコンビニ決済やクレジットカード、チケット販売窓口...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
一人でも世界のスポーツ観戦を楽しめるストリート