2人目以降の子どもは優遇所得税控除額6万バーツ

タイ人の赤ちゃん
Last updated:

タイの財務省国税局は12日、夫婦間に生まれた2人目以降の子どもの所得税控除額を、年間6万バーツに引き上げると発表した。これまでは第一子から第三子の年間所得税控除は1人当たり3万バーツだったが、2人目以降はさらに3万バーツを控除する。

控除額の引き上げは、2018年生まれ以降が対象。来年納付する今年の所得税控除に適用される。この他、同局は子どもの出産費用なども新たに所得税控除の対象に加えており、同省は「少子高齢化社会の対策を進める」としている。

source:Matichon

あなたにオススメの3本
タイでもTポイントが使えるようになりました。 株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:増田宗昭、以下「Tポイント・ジャパン」)は、タイのモールグループThe Mall Group(タイ・バンコク、以下「モールグループ」)とポイントプログラム契約を締結し、2015年6月1日より、モ...
タイでは5月1日が休日。「どうして?」という声にお応えして…。... チャクリー王朝記念日(4月6日)やソンクラン(4月13日~15日)などの長かった休みも終わり、一時の酷暑も少しずつ和らいで来たタイ。5月に入りカレンダーをめくってみると、4月に続いて5月も祝日や連休が多いことに気がつく人もいることだろう。中でも、週の半ばにポツ...
日系百貨店のタイ進出!バンコクに黄金の高島屋が誕生!... 日本の大手高級百貨店「高島屋」が10月21日、バンコク市内チャオプラヤー川沿岸に建設される大型複合施設「ICONSIAM(アイコンサイアム)」内に「サイアム高島屋」を出店する計画を発表しました。 アートワークは金!勢い止まらぬ高級モールブーム 「サイ...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
大前研一も登壇する和橋世界大会
遂に開幕まで一週間を切った「和僑世界大会 in Thailand」