Now Reading
友人の借金返そうと狂言誘拐、電話で両親に4万バーツ要求

友人の借金返そうと狂言誘拐、電話で両親に4万バーツ要求

ウドーンターニー県警察に5日、息子が闇金業者に誘拐され、身代金4万バーツを請求されたと両親から通報があった。ところが、これは息子が仕組んだ「狂言誘拐」で、友人からの借金を返済するために両親をだまそうとしたことが判明した。

本当は誘拐されていなかった・・・

同署などによると、両親が警察に通報し、誘拐がニュースで報じられた後、息子から「誘拐されていない」と電話があり、友人に借金を返すため4万バーツを貸してほしいと話したという。両親は再度警察に連絡し、息子の狂言だったことを伝えた。

借金があったら相談してほしい

息子は専門学校を卒業後、私立学校で教員として働いていたが、現在は無職。伝統音楽「モーラム」が好きで、歌手を目指した時期もあったという。両親は息子に「こんな嘘をつかないで借金があったら相談してほしい」と述べていた。

See Also

source:Sanook

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top