ペットボトルの懸賞プロモーションに当選したタイ東北部の貧困家庭

「日本食ブームの火付け役」として知られるオーガニック緑茶飲料大手イチタングループのタン・パーサコンティー会長。そのイチタン社が販売する緑茶シリーズ「イチタン」のキャップの裏に書かれた番号で当選者を決める懸賞プロモーションの第1号当選者がこのほど決まり、タン会長が当選者宅を訪れた。

町を訪れるタン会長

懸賞プロモーションは、毎日1人に100万バーツ(約320万円)相当の金の延べ棒が当たるというもの。昨年、実施してみたところ、好評だったことから今年も第2弾として行うことになった。

第2弾の第1号当選者となったのは、タイ東北部の農村に住むシングルマザーの若い女性。衝撃だったのは、彼女には2人の子供がいながら、一人は生まれつき足の骨がないという障害を持った男の子、もう一人は小児ガンを患っている女の子という事実。

ichitan_02

生まれながらにして障害や病気に苦しむ子供のために、かかる治療費は毎月約10万バーツ(約32万円)以上。これ以上ないというほどの貧しい生活を送って来た女性が、偶然にも応募したお茶の懸賞プロモーションに当選、村を訪れたタン会長と面会した。

いつもなら饒舌なほどに当選者に話しかけ、テレビカメラの前でポーズを取るタン会長だったが、あまりの厳しい現実にかける言葉も見つからず、「知り合いの医師を紹介してあげるから」と話すのがせいぜいだった。

ichitan_03

See Also

ひとしきり子供たちへの抱擁を繰り返し、女性を励まし続けたタン会長。この日ばかりは言葉の数も極端に少なく、静かに女性宅を後にした。

ichitan_04

一本のお茶のボトルが生んだ感動のドラマ。7分ほどの映像をそのまま素直に受け止めたい。

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top