Now Reading
日本も出場!聴覚障害者の「デフフットサル」W杯がバンコクで開幕

日本も出場!聴覚障害者の「デフフットサル」W杯がバンコクで開幕

第4回目のワールドカップはタイ大会

聴覚障害者によるフットサル、「デフフットサル」のワールドカップがバンコクを舞台に開幕、11月20日〜28日の日程で熱戦が繰り広げられる。

デフフットサルのワールドカップは4年に一度行われるもので、今回が第4回大会。開催国のタイはもちろんのこと、男女ともに日本も出場する。男女は世界ランキング6位、女子は同16位で、初のメダル獲得を狙う。

同大会は、日本のメディアでも多く取り上げられて注目度が高まっている。

【デフフットサル日本代表紹介動画】

バンコクの中心部がメイン会場

大会の会場はバンコク近郊の4会場で、メインとなるのはBTSナショナルスタジアム駅すぐのNimibutr Stadium。都心からのアクセスは抜群だけに、足を運んでみてはどうだろうか。

また、試合の模様はYou Tubeでライブ中継される予定となっている。

◎日本ろう者サッカー協会

2015年11月19日~ 第4回 デフフットサルワールドカップ inタイ(バンコク)

◎大会HP
http://2015worlddeaffutsal.com/

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top