Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

バンコクの三大寺院の一つ「ワット・アルン」の修復工事が終了

夕方のワット・アルン
夕方のワット・アルン

今月16日、バンコク三大寺院の1つで三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなっているお寺「ワット・アルン」の修復工事が終了した。

修復作業は無事終了したが、ネットでは一部批判の声

雨などの影響で風化が進んでいた「ワット・アルン ラーチャウォラーラーム」は、2013年後半から寺の一部を閉鎖して修復作業を開始。シンボルになっている仏塔部分は創建以来最も大掛かりな工事だったため寺院修復に携わる専門家からも注目されていた。

修復時の様子 ©THE NATION
修復時の様子 ©THE NATION

修復作業を終えて一般公開された当日は一部の専門家から「色が無くなり、真っ白になってしまった」などソーシャルメディアを通じて批判の声上がっていたが、タイ文化省は記者会見にて「以前までの色合いは苔(コケ)によるもので、これが創建当時の姿だ」と答えている。

Faebookで話題になった修復前と修復後の写真
Faebookで話題になった修復前と修復後の写真

年末には修復完了セレモニー

今回の修復作業終了に伴いTAT(タイ国政府観光庁)のユタサック氏は12月27日から来年の1月5迄まで行われる修復完了セレモニーを発表。合わせて「タイの歴史、文化、観光産業に関係するワット・アルンの存在は大きく、今回の工事は過去の寺院修復プロジェクトの中でも最も大規模なものだった」などと語った。

日本のテレビ番組などでも度々登場する「暁の寺」。修復前と修復語を見比べるためにも今一度訪れてみてはいかがでしょうか。

source:matichon、THE NATION

あなたにオススメの3本
続「Love bangkok project」パトゥンタニへ再び〜 前回11月5日に引き続き11月22日、Pathomtani県 Baan Pruud地区 に物資を運ぶ救援活動に同行した。事前に連絡を取っていた現地レスキュー隊と現地で待ち合わせ、被災地入り。サイレンを鳴らしながら青空ピックアップトラックで行く旅は、ある意味で気...
タイ東北地方スリン県に新観光施設「エレファントワールド」... スリン県はこのほど、国のシンボルであるゾウの観光施設「ElephantWorld」を建設すると発表した。 タイ初のゾウの観光施設 同県は国内最多のゾウの飼育数を誇り、外国人観光客からの認知度も高い。ゾウは同県にとって観光や経済、文化の発展に重要な存在と...
タイのタクシー料金が世界で2番目に安いことが判明!... 旅行レビューサイト「トリップアドバイザー」の統計によると、バンコクのタクシー料金が世界で第2ということが分かった。 やはり初乗り約100円は安かった! 今回発表された統計の内容は「1,000円でどこまで行けるか?」というもので、その中でタイ バンコクが...
メディア
よく見られてる一本
出典:wherethailand
バンコク爆弾テロ事件 犯人逮捕が難航するもう一つの理由