さすが観光立国!旅行マナーには厳しいタイ人の国民性

タイ人は旅行マナーに敏感
タイ人は旅行マナーに敏感

LCC(格安航空会社)の影響で海外がより身近になってきた近年。これまでビザによる渡航規制があった東南アジア諸国も少しずつではあるが、自由に海外旅行を楽しめるようになってきた。

そんな中、最近タイで目立った話題といえば「観光マナー」に関する炎上ニュース。

タイ人が茨城県で起したセルフィー事件

先日、茨城県の「ひたち海浜公園」でタイ人観光客がセルフィー(自撮り写真撮影)に夢中になり、公園の花を踏み潰している動画が公開された。それらの情報はタイの有名掲示板サイトでたちまち話題となり「ケシカラン水牛野郎だ!」などの痛烈なコメントが殺到している。

有名掲示板サイトのスレッド
有名掲示板のスレッド「お願いだから日本に行ったならこういうことをしないで!」

観光立国として自国民の海外旅行マナーに対してもかなり厳しいタイ王国・・・国の恥となる無礼行為に関しては、それが国民的スターであってもソーシャルメディアで炎上し、民間のニュース番組ですぐさま取り上げられる。

今年4月にも東京の地下鉄車内で一般人に迷惑をかけて動画撮影したタイ人俳優がインターネットで炎上、謹慎6ヶ月とSNS禁止6ヶ月という厳罰を受けた騒ぎもあったばかり。

東京の地下鉄ではしゃぐタイ人俳優と仲間たち
東京の地下鉄ではしゃぐタイ人俳優と仲間たち

タイは中国人観光客から被害を受けていた

タイは最近、中国人観光客によって寺院のトイレを荒らされたり、境内の釣り鐘を蹴りならされたり、キャビンアテンダントに熱湯をかけられたりと、マナー違反による被害を度々受けている。

タイのお寺の鐘を蹴り鳴らす中国人
タイのお寺の鐘を蹴り鳴らす中国人

国独自の行儀や作法が分からない場合は仕方がないが、常識的な旅行マナーはどこの観光客も守れるはず。一人の旅人としてタイを訪れる際もマナーを守って充実した観光を楽しむように心がけましょう。

source:Pantip.com

あなたにオススメの3本
極楽へ続く睡蓮池を求めてウドンタニーへ ラオスとの国境に近いイサーンの街、ウドンタニー市内から40キロ強。一面に睡蓮の咲き乱れる池があります。ボートに乗って広い池のなかに浮かんでいると、とても静かな気持ちになります。ここはきっとあの世へ繋がっているに違いない、そんな気持ちになる風景です。 ボ...
マラリア―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第2巻... マラリア原虫が血中に侵入 夜明けから日没までに活動するハダマラカを介して単細胞生物であるマラリア原虫が血中に侵入することで引き起こされる感染症。前回のデング熱が、昼間に活動するヤブカを媒介するウイルス性であるのと大きく異なる。年間の感染者数は世界全体で3~5...
地図で見る!バンコクで人気の芸術的ブティック・ホテル3選... 今回はアート・グラフィティ文化を通じてタイ旅行を楽しみたい方にオススメする、バンコクの芸術的ブティック・ホテルを3つご紹介します。 デザイナー向けブティック・ホテル「Cacha Hotel」 東南アジアを舞台に活動する7人のアーティストによって作られた...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイのローカルサウナ事情
タイのローカルサウナ事情 vol.8 都心部にあるスーパーラグジュアリーなサウナ!