シーズンまっただ中! チェンマイ郊外でイチゴ狩り

Last updated:

まだまだ朝晩は寒い日が続く北タイは今、イチゴが旬。

チェンマイから車で1時間ほどの街、サムーン。イチゴの産地として有名なこの街にはたくさんのイチゴ農家があり、その多くの場所でイチゴ狩りを楽しむことができます。

IMG_5997

チェンマイからカナルロード(121号線)を南下し、1269号線に右折、そのままサムーン方面に道なりに1時間弱走ると、道路沿いにイチゴ農場が見えてきます。途中にたくさんイチゴの写真のある看板が出ているので、そのうちのひとつに行ってみました。

IMG_6004

今現在イチゴはたくさん鈴なりになっていて、白く可愛らしいお花もたくさん咲いているので、まだまだしばらくはイチゴ狩りが楽しめそうです。

タイのイチゴと言えば赤い割に固くて甘くない(だから砂糖などをまぶして食べる)、というイメージでしたが、近年開発されたという80番という品種のイチゴは甘くて美味。一部白いものを摘んでもその日の夕方には赤くなっているものも多いです。

今回たずねた農場では、入場料はなし。バケツをもらって摘みたいだけ摘むみ、重さを量って1キロあたり350Bの料金を支払います。料金は時期によってちがい、2月の最旬期には1キロあたり120Bから150B程度まで下がります。いちご狩りは3月上旬くらいまで楽しむことができるようです。

あなたにオススメの3本
タイ東北地方スリン県に新観光施設「エレファントワールド」... スリン県はこのほど、国のシンボルであるゾウの観光施設「ElephantWorld」を建設すると発表した。 タイ初のゾウの観光施設 同県は国内最多のゾウの飼育数を誇り、外国人観光客からの認知度も高い。ゾウは同県にとって観光や経済、文化の発展に重要な存在と...
バンコク至近ののんびりローカル水上マーケット バンコク中心部から車で30分ほどのバンナムプン水上マーケットをご案内します。 こちらのマーケット、車で行く方が多いようですが筆者はBTSウドゥン・サック駅からクロントイ船着き場までタクシー、渡し船でチャオプラヤ河を越えて対岸に渡り、そこから20分ほどてく...
タイ深南部ヤラー県の美しい街並みを造った人物 タイ深南部の3県(ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県)は、現在も外務省からの渡航中止勧告が出ており、紛争や爆発事件が絶えない都市という印象がどうしても強くなってしまうのだが、実はヤラー県ヤラー市は、世界レベルの優れた都市計画により、その街並みが美しく整備...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
113回目-バンバンバンコク
第113回 2015年の思い出話