Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

バンコクの“赤バス”&国鉄列車(三等席)の無料運行路線が9月末まで延長

無料運行されているバンコクの赤バス&国鉄列車(三等席) ©posttoday

バンコク大量輸送公社(BTMA)が運営するバンコクを走る路線バスと、タイ国鉄(SRT)が運営する列車(三等席)の無料運行路線を5か月延長し、2017年9月末までとすることが、運輸省からの提案を受け閣議決定された。

無料運行されているバンコクの赤バス ©matichon

無料運行に伴い発生する費用

無料運行により発生する費用は、政府が補てんすることになるが、約19億バーツ(およそ57億円)となる見込み。

その内、バスは1日に全路線で800台が無料となる計算で、約15億バーツ(およそ45億円)となる。

尚、無料で運行されているバスは基本的に、通称“赤バス”と呼ばれる赤とクリーム色を基調とした車体の路線バスである。

今後の予定

国民の交通費・生活費の負担を減らすことを目的としたこの政策、10月以降は、バス・電車を無料とする福祉の一環で低所得者向けに発行されるカードを用いた運用となり、対象者が限定されることになるようだ。

Source:posttoday(1), posttoday(2), matichon

あなたにオススメの3本
タイで一番のパワースポットはエラワン・プームではない。... バンコクのビジネス、商業の中心地サイアームとBTSチットロム駅の間に、エラワン・プームという、ヒンドゥー教の神様を祭った祠(ほこら)があります。祠と言っても、山の中とかにあるのではなくて、大都会のど真ん中、日本でいえば、新宿アルタ前にある感じです。 ネッ...
アジアを代表するホットスポットに選ばれたタイのトラン諸島... 世界中で人気のトラベルメディア「ロンリープラネット」が"アジアのホットスポットトップ10"を発表。その中で、タイのトラン諸島が8位を獲得しました。 アジア第8位の南国のホットスポット トラン諸島のあるタイのトラン県は、土地の3分の2がタ...
ロイカトーンとハロウィンの融合!ラオスがカオスになった日(後編)... 二日目。首都の街にトンローのあのお店が・・・ 翌日も、ビエンチャンの中心街は大勢の人で賑わっていた。群集の中に入ると、身動きが取れないほど。メインストリートにカフェを構えるオーナーは「今年はハロウィンと日程が重なったから、外国人も含めて普段より人が多く集まっ...
よく見られてる一本
カレーうどんが絶品 「水琴」のお手頃ランチメニューを食べてきた