「中央アジアの雄」を撃破!タイのブリーラム・ユナイテッドがアジアベスト8へ一歩前進

Last updated:

サッカーのクラブチームアジア王者を決めるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で、タイのクラブチームとしては11年ぶりにグループリーグ突破を果たしたブリーラム・ユナイテッドが14日、決勝トーナメント1回戦の第1戦をホームで戦い、ウズベキスタンのブニョドコルを2-1と下した。

歓喜と失望が渦巻いた前半

試合は序盤、6大会連続で決勝トーナメントに進出している強豪・ブニョドコルが、ウズベキスタン代表の若き司令塔・Turaevの長短を織り交ぜた精度の高いパスを軸にリズムを作る。

どうにか流れをつかもうとするブリーラムは前半17分、タイ代表の左サイドバック・Theerathonが左サイドから右足でゴール前に放り込んだボールをAnawinが頭ですらしてゴールイン、ブリーラムが大きな先制点をあげた。

だが、ブリーラムリードで折り返すかと思われた前半ロスタイム、ブニョドコルはKhasanovの右コーナーキックのこぼれ球を、交代で入ったばかりのTaranが豪快に蹴り込んで同点。ブリーラムにとっては嫌な時間帯に「アウェーゴール」を決められての前半終了となった。

運命の第2戦は5月21日キックオフ!

やや嫌な流れのブリーラム。だが、今季のブリーラムにはグループリーグでも幾度も苦境を跳ね返してきた粘り強さがあった。1-1の均衡を守って迎えた後半31分、ブリーラムは左サイドからのJirawatのフリーキックを途中出場のEkkachaiが頭で合わせて決勝点をあげた。

この試合、印象的だったのが両チームのセットプレーの精度の高さ。ブリーラムはTheerathonの左足とJirawatの右足、ブニョドコルはKhasanovの左足とTuraevの右足と、いずれも左右の好キッカーを擁しており、結果的にもこの試合の全得点が彼らのキックを起点に生み出された形だった。

ベスト8進出へ一歩前進したブリーラム。だが、全く油断はできない。決勝トーナメントではアウェーチームのゴールを2倍でカウントする「アウェーゴール」のルールが適用されるため、仮にアウェーの第2戦で0-1と敗れれば敗退が決まるからだ。

運命の第2戦は5月21日、ウズベキスタンの首都・タシケントで行われる。

あなたにオススメの3本
バンコクの新アリーナが大熱狂!タイがフットサル東南アジア王者... フットサルでも東南アジア無敵のタイ 東南アジアのフットサル王者を決めるAFFフットサル選手権がバンコクを舞台に行われ、タイが決勝でオーストラリアを5対3で下して優勝を決めた。 同大会は2001年に第1回大会が行われ、近年は毎年開催されており今回が12回...
熾烈な優勝争い!サッカー・タイリーグ終盤戦の見どころ(前編)... 下部リーグまで含めれば約60名もの日本人選手がプレー、日本人監督が率いるクラブも5つ生まれるなど日本でも注目された今季のサッカー・タイリーグ。 いよいよ佳境を迎えるリーグ終盤戦の見どころを、2回に分けて紹介する。前編は、タイプレミアリーグ(1部)優勝の行...
セパタクロー世界最強国!タイの強さの秘密…実は日本も急成長中!?... 街角に見える“世界最強の秘密” タイの国技といえばムエタイと並んで、同じく独特の“足技”が印象的な球技であるセパタクローが浮かぶ。 国技といっても日本における相撲などとは異なり、タイでのセパタクローは正真正銘の国民的スポーツだ。校庭に、公園に、ちょっと...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
中国人のバスガイドが炎上
タイの貧困や性的侮辱を解説した中国人ガイドに批判殺到