1位との差は僅か0.001秒!アジア陸上選手権男子4×100mリレーでタイは銀メダル獲得

アジア陸上競技選手権大会 2017 400mリレーで銀メダルを獲得したタイ ©Khaosod
アジア陸上競技選手権大会 2017 400mリレーで銀メダルを獲得したタイ ©Khaosod
Last updated:

2017年7月6日~9日にインドのブバネシュワールで開催された、第22回アジア陸上競技選手権大会(Asian Athletics Championship)男子4×100mリレー決勝で、タイは2位に入り銀メダルを獲得した。

1位の中国との差は僅か0.001秒。写真判定の結果、中国に軍配が上がり、タイは惜しくも金メダルを逃した。

タイムは、中国が39秒371、タイは39秒372

3位は香港で、タイムは39秒53であった。

2017年8月に開催される“SEAゲームス”

尚、来月はマレーシアのクアラルンプールで、「東南アジア競技大会(通称“SEAゲームス”)」が開催される。

4×100mリレーで前回(2015年)優勝したタイは、今回のアジア選手権での結果を受けて、SEAゲームスで1位の座を守ることが期待されている。

2015年SEAゲームス 男子400mリレー決勝の様子

今回のアジア選手権の映像ではありませんが、前回のSEAゲームスでのタイの走りを是非ご覧ください。

今回のアジア選手権、この種目に日本は出場しなかったようですが、本種目のアジア記録は、2016年のリオデジャネイロオリンピック400mリレー決勝で日本が出したタイム37秒60です。

タイが意外にリレーが強いことは知らなかったので、新たな発見でした。

Source: matichon, matichon, SIAM SPORT, Khaosod,
JAAF(日本陸上競技連盟公式サイト)発行ガイドブック

あなたにオススメの3本
東南アジアのオリンピックが閉幕!タイが最多の金メダル獲得... タイは2大会連続の最多金メダル 「東南アジアのオリンピック」と呼ばれる第28回・東南アジア競技大会(SEA GAMES 2015)が16日に閉幕した。 同大会は2年に一度開催され、今回のホスト国はシンガポール。昨年完成したばかりのシンガポール・ナショナ...
横浜Fマリノスとクールジャパンのコラボ企画がチョンブリーで開催!... 元日本代表・波戸康広氏によるサッカー教室 Jリーグがアジア戦略として東南アジアとの関係を深めている昨今。11月8日、9日の2日間、Jリーグの名門・横浜Fマリノスと「クールジャパン」を掲げる経済産業省によるコラボ企画がチョンブリーを舞台に行われた。 元...
【短期集中連載】ブリーラム・ユナイテッドの快挙(中)ー「タイ代表」としてアジアを戦うサムライ、平野甲斐... アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント進出の快挙を成し遂げたブリーラム・ユナイテッドには、一人の日本人選手が所属している。平野甲斐、今季Jリーグ・カターレ富山から移籍してきたばかりの新星だ。 突如浮上したタイリーグへの移籍 平野は日本海に...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
BNK48
タイのアイドルが日本の正月番組へ