\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

1位との差は僅か0.001秒!アジア陸上選手権男子4×100mリレーでタイは銀メダル獲得

アジア陸上競技選手権大会 2017 400mリレーで銀メダルを獲得したタイ ©Khaosod
アジア陸上競技選手権大会 2017 400mリレーで銀メダルを獲得したタイ ©Khaosod

2017年7月6日~9日にインドのブバネシュワールで開催された、第22回アジア陸上競技選手権大会(Asian Athletics Championship)男子4×100mリレー決勝で、タイは2位に入り銀メダルを獲得した。

1位の中国との差は僅か0.001秒。写真判定の結果、中国に軍配が上がり、タイは惜しくも金メダルを逃した。

タイムは、中国が39秒371、タイは39秒372

3位は香港で、タイムは39秒53であった。

2017年8月に開催される“SEAゲームス”

尚、来月はマレーシアのクアラルンプールで、「東南アジア競技大会(通称“SEAゲームス”)」が開催される。

4×100mリレーで前回(2015年)優勝したタイは、今回のアジア選手権での結果を受けて、SEAゲームスで1位の座を守ることが期待されている。

2015年SEAゲームス 男子400mリレー決勝の様子

今回のアジア選手権の映像ではありませんが、前回のSEAゲームスでのタイの走りを是非ご覧ください。

今回のアジア選手権、この種目に日本は出場しなかったようですが、本種目のアジア記録は、2016年のリオデジャネイロオリンピック400mリレー決勝で日本が出したタイム37秒60です。

タイが意外にリレーが強いことは知らなかったので、新たな発見でした。

Source: matichon, matichon, SIAM SPORT, Khaosod,
JAAF(日本陸上競技連盟公式サイト)発行ガイドブック

オススメ記事
マイアミの奇跡をバンコクの奇跡に!前園真聖氏がタイのサッカースクールに登場... タイで人気サッカースクール「クレールFC」は、2013年1月より日本の「ZONOサッカースクール」と運営提携し、元全日本代表の前園真聖氏を2014年1月1日より、クレールFCのテクニカルディレクター兼非常勤コーチとして就任することが決定。 前園選手の就...
欧州系秀作デザインなバイクに乗りタイ!KEEWAY&BENELLI... タイも最近、バイクに最適な大変心地よい気候になってきました。私も年末年始にかけてカンボジア国境付近までソロ・ツーリングに行き、心身ともにリフレッシュ!年々酷くなる連休前後やバンコク近郊の酷い渋滞でもスイスイ前に進めるバイク移動は、非常に有効な移動手段です。 ...
サッカー日泰戦を振り返る(1) 計19戦の対戦成績は?... 近年さまざまな形で関係が深まっている日タイのサッカー界。そこで、改めて日本代表とタイ代表の対戦の歴史を振り返ってみたい。 “日泰戦”の歴史、まずはその通算成績から見てみよう――。 「昔はタイの方が強かった」は本当? 日本代表とタイ代表の対戦はこれまで計...
日本人監督が率いるナコンラーチャシーマーFCが2部リーグ優勝!... 快走で優勝を決めた“神戸ナコンラーチャシーマー” シーズンの佳境を迎えているサッカーのタイリーグ。1部リーグのタイプレミアリーグでも熾烈な優勝争いが行われているが、2部リーグにあたるディビジョン1では一足早くナコンラーチャシーマーFCが優勝を決めた。 ...
よく見られてる一本
"バックパッカーのメッカ"カオサン通り
バンコクはアジアで一番人気の旅行先