タイで1番ハイソな映画館「Embassy Diplomat Screens」

タイで1番贅沢な映画館「Embassy Cineplex」
タイで1番贅沢な映画館「Embassy Cineplex」
Last updated:

5月にオープンしたばかりのバンコクの新複合商業施設「セントラル・エンバシー」の6階に、先日、タイ国内で1番贅沢な映画館と言われる「Embassy Diplomat Screens(エンバシー・ディプロマット・スクリーン)」が誕生した。

ダブルベットまで完備されている限定33人の第1ホール

同施設自慢の第1ホールにはシングルソファ、ダブルソファ、ラージソファを完備(枕とブランケット付き)。さらに、大小2タイプのダブルベッドも用意されている。 いずれもオプションとして利用することが可能 ※ページ下部のプション価格を参照

第1ホールの設備
第1ホールの設備

ドリンクオーダー、スマホの充電も可能な第2〜第5ホール

計203席からなる第2ホール〜第5ホールは、スマホ充電用USBケーブルやコンシェルジュを呼ぶボタンが完備され、上映中でもお酒などのドリンクを気軽に頼むことが可能。また、特別革製の高級リクライニングシートと私物やドリンクなどを置ける大きな肘掛けテーブルが設置されている。

第2ホール〜第2ホールの設備
第2ホール〜第2ホールの設備

名画を最新の映写システムと最強のサウンドシステムで楽しむ!

同映画館は単にインテリア環境だけがメインではない。タイ初となる「RealD XL」というデジタル3D映像システムと最先端のサラウンドシステムにより、ハリウッド映画や各国の映画祭受賞作を楽しむことができる。

総工費1億2,000万バーツと言われるタイで最もゴージャスな映画館「Embassy Diplomat Screens」、是非、一度足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

Embassy Diplomat Screens情報
オフィシャルサイト
フェイスブックファンページ

利用可能な各オプションについて
シングルソファ( 1,500バーツ )
ダブルソファ( 2,000バーツ )
ラージソファ(3人掛け)(3,000バーツ)
ダブルベッド小(2,000バーツ)
ダブルベッド大(2,600バーツ)

Embassy Cineplexのオフィシャルサイト
Embassy Cineplexのオフィシャルサイト

Embassy Cineplex

Embassy Cineplex

あなたにオススメの3本
日本の映画料金でファーストクラスを堪能!タイの映画館事情... タイの大型デパートは、その多くが映画館を有している。デパートごとに作りや大きさは異なるが、基本的には豪華で高級ホテルさながらの作りである。高級感あふれる映画館での鑑賞料金は、約200バーツ。200バーツは日本円で約600円なので、1回1800円の日本と比べると...
タイの駅にはトイレがない!? 緊急時を乗り切るための3つの方法... サワディーカップ。さかっきーです。これから、赴任したての平成元年生まれの私がタイで感じたことをお届けできればと思います。 タイ赴任1ヶ月目・・・ タイに来てまだ間もないのですが、まず初めに覚えた言葉は「コックンカップ(ありがとう)」。次に「サワディーカップ...
タイでギャンブルがしたいあなたに 日本では先月、カジノ法案(IR法案)が成立しました。今後国内にカジノ一体型リゾートができると思うと、どこにどんな施設ができるのだろうか、シンガポールみたいなものだろうか、マカオみたいなものだろうか、とワクワクする反面、治安の悪化なども心配ではあります。まだまだ...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイのケンタッキーにはタイ料理がある