\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのローカルサウナ事情 vol.6(番外編)ラオス・ビエンチャン

タイのローカルサウナ事情
タイのローカルサウナ事情

ラオス・ヴィエンチャンの混浴ハーバル・サウナは地元女学生のたまり場だった?!

今回は番外編として、私がラオス・ヴィエンチャンに行くときは必ず立ち寄る、地元に根付いたローカルサウナをご紹介します。

ラオスにあるサウナ

場所は街中の繁華街である、メコン川から歩いてすぐ。ローカルな雰囲気満々な袋小路の奥にあります。入場料を払い、レジ横にはサウナに入る時体に塗る為の色々な物が並ぶ。その中からお勧めの物を配合してもらう。今回はお任せでハチミツに米ぬかとウコンを混ぜたものを貰う。入浴料はタイバーツでも支払い可能で今回はすべて込みで約180THBと格安。

店の付近
店の付近

施設は男性用と女性用のハーブの効いたスチームサウナが各1か所。中庭のような場所が休憩所。雨が降るとサウナで火照った体に気持ちいい。2階はマッサージの部屋があります。温かいお茶は飲み放題となります。

中庭
中庭

ハチミツで遊ぶ地元学生

3時頃入ったときは、オーストリア人のおばちゃんと地元のおじさんの3人しかいなく、「ココナツミルクが良い」「マンゴーお勧め!」などと体に塗るとよい物の話題など世間話をしていると、突然地元の女学生と思われる集団が10名ほど入って来た。全員体にタオルを巻いただけの状態でキャーキャー言いながら水を掛け合っている。そしてサウナに入ってハチミツを体中に塗りたくってる外国人に興味津々で覚えたての英語で話しかけてくるのだ!

うーん、おじさん薄着の若い女性に囲まれて正直言って楽しいけど、目のやり場に困る。あまりジロジロ見るのも申し訳なく30分ほどで退散しました。

大都会バンコクで荒んだ心と体を、サウナと地元女学生に癒してもらいリフレッシュさせて頂きました。

こちらの記事どうぞ
緑に包まれたバーンラック幼稚園。週末は一般開放、フォーラムも開催!... バンコクのスクンビット・ソイ40にあるバーンラック幼稚園は「緑の幼稚園」として知られる。高さ20メートル以上もあろうという何本もの巨木が、上空から子供たちを優しく包む。ウサギなどの小動物も放し飼いにされており、「えっ?ここがバンコクの都心部?」と勘違いしてしま...
バンコクにまた一つモフモフスポットが誕生! 以前、anngleでもお伝えした(バンコクでモフモフできる人気の猫カフェ3選)が、バンコクにまた一つ新しい猫カフェがopenした。しかも、オーナーは日本人。 すでのバンコクに何店舗かある猫カフェであるが、今回のこの猫カフェはラップラオという少しローカルな...
英語はタイで必要なのか? バンコクに暮らしていると、日本語で生活が(ほぼ)成り立ちます。日本食レストランは数多くあり、日本語メニューに日本語を話す店員さんが常駐、他国料理でも場所によっては日本人がメイン顧客だからと日本語メニューが用意され、スーパーでも日本の食生活にあった食材が手に入り...
タッパー不要の保存術!タイの絶対にこぼれないビニール袋の密封法... タイの屋台で食べ物を購入すると、ビニール袋を輪ゴムで縛ってもらえる。袋の中には食べ物の他に空気がパンパンに入っており、出来上がった袋は美しい安定感を出している。 タイに住んでいる方ならば一度は目にしたことがあるだろう。そして、どうやるんだろうと疑問に思っ...
ライター/コラムニスト
よく見られてる一本
thai work
タイの労働省、タイ国民全員が就労出来る環境作りを目指す