Now Reading
バンコクでの交通事故リスク

バンコクでの交通事故リスク

タイは東南アジア交通事故率No.1

世界保健機関(WHO)が発表したレポートによると、タイは東南アジア諸国の中で交通事故による死亡率が最も高いことが分かった。

事故多発の原因は法制度

世界的に見ると、交通事故による死亡率が最も高いのはアフリカの国々、次いで東南アジア、東地中海の国々という結果になった。事故多発の原因は速度制限など交通に関する法律がないことや自動車免許取得の緩さが問題だという。2016年の交通事故による死亡者数は、世界で約135万人。これはHIVや結核といった感染症よりも多い。特に貧困層が多い国は、交通事故の死亡リスクが平均的より3倍も高い。

1位タイ、2位ベトナム、3位マレーシア Image By bangkokbiznews
1位タイ、2位ベトナム、3位マレーシア Image By bangkokbiznews

未だにまかり通るバンコクの無免許運転

タイの場合、2017年はバンコク、ナコンラチャシーマー、チョンブリーの順で交通事故が多発。「警察に賄賂を払えばなんとかなる・・・」と、無免許で車やバイクを運転している外国人も多いため、一部で事故を減らすためにもより厳しい教習システムと罰金制度が必要という声もあがっている。

source:Bangkokbiz

See Also
2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top