日本式の接客を学んだタイ人従業員に感動するタイ人客の映像

IT

「お客様第一優先」を掲げ、先月18日にタイに初上陸した北海道発祥のドラッグストアチェーン「ツルハドラッグ」。バンコク・エカマイの巨大ショッピングモール「ゲートウェイエカマイ」に入居する同店を、とある男性客が買い物に訪ねたのはオープンから間もない時だった。応対に出たのは同店のコーディネーターを担当するゴイさん。

お客さん:「このコンシーラーの色はどうなんですか」

ゴイさん:「空けてみましょうか」

お客さん:「い、いいんですか?」

ゴイさん:「いいですよ。私が買いますから」

お客さん:「これにします。でも、開封したものでいいですよ」

ゴイさん:「いいですよ。新品をどうぞ」

何気ないやりとりの中に含まれた優しさとおもてなしの心。その男性客が家に帰り、感動と興奮を体験談にまとめYouTubeにアップロードしたのは、それから間もなくのことだった。その動画サイトが今、静かなブームとなって人気を集めている。

「LOMOPOSTCARD:แบรนด์essence และ ความประทับใจ@TSURUHA」とタイトルが付けられた動画サイト。「ブランド品だけでなく、感動も売る店ツルハ」とでも訳せばよいだろうか。客にお構いなく携帯電話をいじっている店員や、まだ客がいるというのに閉店時間だと言って消灯してしまうなど、トラブルの少なくなかったタイの小売店に確かな変化が現れているようだ。

動画の抄訳

今日、エカマイゲートウェイのツルハドラッグ行ってきました。Essenceのパウダーとコンシーラーを買いました。ずっと欲しかったしすごく安かったので超嬉しかった。パウダーは175バーツ、コンシーラー120バーツ。

パウダーのパッケージはすぐ開けられるので問題なかったのですが、コンシーラーはテスターと商品の色が一致していないのでちょっと混乱しました。そこでスタッフを呼んでアドバイスを求めました。そのタイ人スタッフはゴイさん。コーディネーターのゴイさんは日本人スタッフに確認して僕に説明をしてくれました。

本当に同じ色なのかちょっと戸惑っているとゴイさんが私が買おうとしている商品を開けてテストしてくれました。開けられた時点で私がびっくりして「いいんですか?」と聞いたら、ゴイさんが「いいですよ。私が買いますから。」と答えてくれた。

テストした後に「これにします」と決めたらゴイさんが新品を持ってきてくれました。「開けられたものでよかったのに…」と言うとゴイさんが「いいですよ。新品をどうぞ」と言ってくれました。

地味な服装で行ってたった120バーツのコンシーラーを買った私に最初から最後まで親切なアドバイスと接客をしてくれたゴイさんの対応に感激しました。高級ブランド化粧品を買ったときでも、こんな素晴らしい対応をさせられることがなかったです。

皆さん、ぜひタイ初のツルハ・エカマイ店に行って、ゴイさんに会って下さい。

おすすめ関連記事
yonezawashow10
沖縄観光コンベンションビューロー
星野リゾート トマム
横浜
Chatwork
traveloka
the giving town
レオンテクノロジー
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
Tokyu Paradise Park
ワッペン堂