\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイで販売中のケータイを探すなら”SIAM PHONE サイアムフォン”で下見をしてから!

日本とは全く異なった環境で発展したバンコクのケータイ事情。BlackBerry二個持ち、またはiPhoneを持つことが一種のステータスみたいになっていて、最近では日本と同様に電車の中でひたすらケータイをいじる人や、iPhoneやiPadを触って全く会話しない彼女を目の前に、黙って食事しているカップルなども度々目にするようになりました。

タイでケータイを買となるとMBK(マーブンクローン)っていう話をよく聞きます。でも、現地に足を運ばずしてわかったらちょっと楽。

そんなときには、下記のサイト”Siam Phone(サイアムフォン)

サイト自体はタイ語ですが、左のサイドメニューからメーカー別に価格帯や、レビューなど、カタログ感覚でみることができます。なお、タイの携帯電話保有率は92%と、日本の87%と比べて若干高い。

オススメ記事
タイの暦が分かるアプリ「Thai Calendar」で、仏歴も祝日も何でも来い... 「今年は仏歴で2554年だから、来年は255....」 日本人が通常使っている西暦と、タイでもまだ多くの場所で見かける仏歴の変換は苦労が多いものです。 加えて仏教や王族に纏わる祝日・振替休日や、中国歴に纏わる休日など、タイならではの暦も。仕事ではもちろ...
バンコクの屋台探しに使えるアプリ「Street Food Bangkok」... 9月21日、タイ国外務省はスマホやタブレットでバンコクの屋台情報を検索できるアプリ「Street Food Bangkok」を公開しました。(iOS版、Android版ともに利用無料) アンドロイド版 バンコクの屋台をすぐに検索できる! 検索方...
タイのメルカリ!?何でも売り買いできるフリマ「カーイディー」... タイのフリーマーケットサイト「Kaidee(カーイディー)」は、年間の利用者数3,500万人が利用する人気サイト。中古品から新品まで、ファッション、小物、中古車から家まで何でも売り買いできる。昨年1年間の取引件数は185万件、流通総額は1,000億バーツ超に上...
英語だけどタイ語に見えるタイ文字風の書体いろいろ... 英語だけど、どことなくタイ語文字に見えるタイ語風書体まとめ。 以前から有名だった「aw siam」から、最近は有料のタイ語風フォントまで。読みやすさを考えると実用性は若干厳しい面もありますが、名刺やイベントTシャツ等で利用すれば面白いかもしれませんね。 ...
よく見られてる一本
バスケットボール
バスケットボールの東南アジア王者を決める大会がバンコクで開幕!