2.1ギガヘルツ帯本格導入目前?タイ携帯4大キャリアの3G回線事情!

Last updated:

政情不安と利権問題から延期に延期を重ねてきたタイの第3世代(3G)携帯電話サービス。国家放送通信委員会(NBTC)は3G向けに使用される2.1ギガヘルツ帯の周波数について先月、初めてとなる入札を実施。大手キャリア3社(true,AIS,DTAC)が落札し、来年早々にも正式な規格による本格的な3Gサービスが、いよいよタイで始まろうとしている。

「え?もう、3G使っているけど…」と驚く読者もいるに違いない。実は、タイではざまざまな事情から、日本や欧米諸国などで使用されている2.1ギガヘルツ帯を使った3Gサービスがほとんど未整備。800MHz~900MHzという一つ前の2Gサービスが中心の周波数帯で、無理をして3Gサービスを展開しているに過ぎない。爆発的な利用者の増加から「3G」と謳う割に速度が遅いことや、電波が途切れやすいなどの「使いにくさ」が問題となっていた。

上記のグラフは、そうしたタイの携帯4大キャリア(前記3社にTOTを加算)の現状を示したもの。左上は「つながりやすさ」を示す電波の強度を、右上が「途切れやすさ」を示す切断頻度を表している。例えば、65回接続したうち2回程度切れると見ればいい。下段は電波のカバーエリア。キャリアごとに「強味」が異なっているのが特徴。こうした違いが出るのも、元はと言えば2G向けだった周波数帯を使って3Gサービスを展開していることが原因とされ、早期の改善が求められていた。

いわば、「カローラの車体に、ポルシェのエンジンを搭載して走っているようなもの」(ユーザーの一人)とされてきたタイの3G事情。技術的には可能だったところが、予期せぬ思惑が絡み合い、今ではタイが東南アジアで「3Gが最も遅れた国」の一つになっている。

こうした状況を打開しようと行われた今回の入札。「落札価格が異常に低い」などといった指摘が早くも上がっており、再び利権の疑惑が持ち上がるなど見通しはまだ混沌としている。だが、iPhone5が発売されるなどスマートフォンの高性能化は進む一方で、電波環境の整備は待ったなしの状況。一日も早い3Gサービスの本格運用と自由化が求められている。

anngleでは今後も随時、タイの通信事情についてお伝えしていく。

あなたにオススメの3本
タイの人々の暮らし 第7回 食品の持ち帰り(中食)文化・頻度と外食... 毎週金曜日に掲載している新企画「タイの人々の暮らし」。一般のタイの人々がどのような生活を送っているのかをご紹介、衣食住ごとに1話完結でお届けしている。「食」のシリーズ連載中の今回は、意外に多い「持ち帰り」のお話。新たなビジネスチャンスにつながるかも!? ...
アプリで書類と人を運ぶバイク便!グラブバイクがタイで正式リリース... 先日からタイで話題になっている「グラブバイク」はスマホアプリを使ったタクシー配送サービスとして東南アジアで有名になった「グラブタクシー」の第二弾。以前からグラブタクシーのアプリ画面にBETA版として表示されていたが、この度サービスが正式に開始された。 ...
二輪はトップ級、意外に低いエアコンやパソコンの普及率... 渋滞する車列を縫って目的地へと急ぐバイクタクシー(モーターサイ)。タイでは見慣れた光景となっているが、「いったい、どれくらいのバイクが走っているんだろう?」なんて思うことも。そこで乗用車や家電の普及率がどうなっているのかを調べてみたのが下図。IMFのデータをも...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイのビンテージコレクター
タイにいる地球上のビンテージデニムを買い漁るコレクター