Now Reading
タイのメルカリ!?何でも売り買いできるフリマ「カーイディー」

タイのメルカリ!?何でも売り買いできるフリマ「カーイディー」

© brandbuffet

タイのフリーマーケットサイト「Kaidee(カーイディー)」は、年間の利用者数3,500万人が利用する人気サイト。中古品から新品まで、ファッション、小物、中古車から家まで何でも売り買いできる。昨年1年間の取引件数は185万件、流通総額は1,000億バーツ超に上った。また、カーイディー専用アプリのダウンロード数は、330万回となっている。

カーイディーの新しい部門「不動産」

カーイディーの中でも成長著しい部門の一つが、不動産。今年上半期の不動産部門では、チェンマイの校舎5,000万バーツを含む4,307件の取引があり、取引高は86億バーツに上った。賃貸物件、土地、一軒屋、コンドミニアムなどが人気で、バンコク都内の土地付き家屋は出品後15時間で取引が成立したことも。このほかにも、人気観光地プーケットの宿泊施設が13億バーツで取引されたこともあったとのこと。

絶好調の不動産事業
絶好調の不動産事業

カーイディーの人気とは!?

カーイディーの人気の秘密は、使いやすく誰でも参加できること。不動産の出品は手数料無料で、利用者の目に付きやすいようにする広告料も400バーツ/日。近年では、個人の家やコンドミニアムの売買に留まらず、商売として不動産取引をするケースが増えている。カーイディーでは、不動産に特化したサイト「BaanKaidee(バーンカーイディー)」を立ち上げ、更なる成長に期待している。

ちなみにサービス名の「カーイディー」は、タイ語でカーイが「売る」、ディーは「良い」という意味を持つ。

不動産のデジタル広告 Image by brandbuffet
不動産のデジタル広告 Image by brandbuffet

source:brandbuffet.in.th,brandinside.asia

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top