ゲイやニューハーフの楽園。タイで同性愛や性転換は当たり前の光景。

ゲイの楽園シーロムソイ2
ゲイの楽園シーロムソイ2
Last updated:

ゴルフや売春の聖地としても知られているタイ。そんなタイでは、毎日のように同性愛者やレディーボーイ(ニューハーフ)を見かける。

ニューハーフが当たり前のように美容室で髪を切り、レストランでウェイトレスをしている。ゲイが普通にオフィスで働き、社会的に成功している例も多い。

日本でもトランスジェンダーの有名人のメディアへの露出機会が増えつつあるが、まだまだ世間の風当たりは厳しいものである。しかし、タイでは幼いころからゲイだったという話や昔からレズビアンだったという話をよく聞く。

タイにゲイやニューハーフが多い理由

1.父親よりもよく働く母親の姿を見て、女性に憧れてしまった

母親を好きで好きでたまらないという感情が女性をレズビアンに変える。また、母親の背中を見て女っぽく成長した男性がゲイとなる。タイで生活を送っていると、なんとなくわかる気もする。

2.社会的に同性愛者などを受け入れる体制がしっかりと整っている

体制というほど厳格な物ではないが、タイには同性愛者やゲイなどがいて当たり前という雰囲気がある。ゲイになっても性転換をしても社会的な風当たりは皆無なため、自分の気持ちに正直になれるのである。

性に関して寛大な国、タイ。

他にも様々な説があるが、要するにタイは性に関して寛大な国だということが言いたい。実際に、日本人のゲイの方や白人のニューハーフの方なども、ちらほら見かけることがある。

性に関して寛大な国は、正直な人々を集めるのかもしれない。ゲイ専用の通りもあれば、ニューハーフの集まるお店もある。これらもタイ文化の面白いところではないだろうか?

あなたにオススメの3本
番号札の発券機なしで受付け順番を管理するタイ人のアイデア... 日本と異なり海外の公共機関の申請み窓口はLunch Break(昼休み)という制度があり、12時から13時まではビザの手続きや問い合わせをすることができなくなる。 そのため昼休み後の受付再開時には窓口前で長蛇の列ができる。施設によっては自動の発券機での番...
人気は交通広告とネット広告!2014年タイの総広告費 米大手調査会社ニールセンの発表によると、2014年タイ国内の総広告費は1023.5億バーツで前年比9.5%減とのこと。 2014年度、タイ国内の媒体別広告費 広告媒体全体での比率は落ちているが、交通機関とインターネットでの広告は若干ながら伸びています。...
タイのペットボトル緑茶に含まれる砂糖量 タイのコンビニやスーパーで販売されているペットボトルの緑茶。在住者や観光客の方も一度は購入し、あまりの甘さに驚いた方も多いと思います。そんな激甘のタイのペットボトル緑茶ですが、実際どのくらいの砂糖がはいっているのでしょうか。 各社の砂糖量が分かる一枚の画...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
Image by Sanook
紛失しないタイのスマホ免許証