\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

ゲイやニューハーフの楽園。タイで同性愛や性転換は当たり前の光景。

ゲイの楽園シーロムソイ2
ゲイの楽園シーロムソイ2
Last updated:

ゴルフや売春の聖地としても知られているタイ。そんなタイでは、毎日のように同性愛者やレディーボーイ(ニューハーフ)を見かける。

ニューハーフが当たり前のように美容室で髪を切り、レストランでウェイトレスをしている。ゲイが普通にオフィスで働き、社会的に成功している例も多い。

日本でもトランスジェンダーの有名人のメディアへの露出機会が増えつつあるが、まだまだ世間の風当たりは厳しいものである。しかし、タイでは幼いころからゲイだったという話や昔からレズビアンだったという話をよく聞く。

タイにゲイやニューハーフが多い理由

1.父親よりもよく働く母親の姿を見て、女性に憧れてしまった

母親を好きで好きでたまらないという感情が女性をレズビアンに変える。また、母親の背中を見て女っぽく成長した男性がゲイとなる。タイで生活を送っていると、なんとなくわかる気もする。

2.社会的に同性愛者などを受け入れる体制がしっかりと整っている

体制というほど厳格な物ではないが、タイには同性愛者やゲイなどがいて当たり前という雰囲気がある。ゲイになっても性転換をしても社会的な風当たりは皆無なため、自分の気持ちに正直になれるのである。

性に関して寛大な国、タイ。

他にも様々な説があるが、要するにタイは性に関して寛大な国だということが言いたい。実際に、日本人のゲイの方や白人のニューハーフの方なども、ちらほら見かけることがある。

性に関して寛大な国は、正直な人々を集めるのかもしれない。ゲイ専用の通りもあれば、ニューハーフの集まるお店もある。これらもタイ文化の面白いところではないだろうか?

こちらの記事どうぞ
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。番外カオヤイ編2-楽しんでやっていきたい... 「父が一生懸命、良いブドウを作ってくれるから、私は出来る限りその味を活かして、美味しいワインを作るだけ…」 静かな語り口の中に、どこか秘めた思い。タイ・カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」で、オーナーの父ウィスット・ローヒットナーウィ(V...
バンコクのローカルエリアにあるお洒落バー「MUSTACHE」... BTS沿線、特に、スクンビット通沿いには、外国人向けのオシャレなお店が数多く立ち並んでいる。しかし、ローカルにもおしゃれなバーが存在しているのだ。 今回はおしゃれなローカルバースポット第一弾(!?)として、ラチャダー通り ソイ7にある、「MUSTACHE...
W杯アジア最終予選開幕!両国とも敗戦スタートでいよいよ日タイ戦... 中東の強豪を相手に実力を示したタイ 2018年のロシアワールドカップのアジア最終予選が開幕した。タイ代表は初戦、アウェイでサウジアラビアと対戦。0対1で惜敗のスタートとなった。 タイ代表は2次予選からのベストメンバーでキックオフを迎えると、ワールドカッ...
タイのミャンマー人 サワッディーピーマイカ。あけましておめでとうございます。本年もたまことANNGLEをよろしくお願いいたします。 さて、お正月早々、日経新聞にタイにいるミャンマー人難民キャンプへの支援が減っているという記事が掲載されました。 タイでミャンマー難民支援...
よく見られてる一本
旅行サイト「Touropia」による、世界で最も有名な通り トップ10 ©Kapook!
「世界で最も有名な“通り”トップ10」にランク入りしたタイの通りとは?