止まらぬタイ飯ブーム!今度は西友がマッサマンカレーを発売

西友がレトルトマッサマンカレー
西友がレトルトマッサマンカレー

合同会社西友は2月13日より、全国の西友371店舗とSEIYUドットコム( http://www.the-seiyu.com/)にて、「カシューナッツ香るマッサマンカレー」というレトルトカレーの発売を開始しました。

マイルドな日本風のマッサマンカレー

「世界でもっともおいしい料理」ともいわれるタイが発祥の「マッサマンカレー」は、日本でもこれまでにさまざまな関連商品が販売されている。今回同社が発売を開始した「カシューナッツ香るマッサマンカレー」は、ココナッツミルクにカシューナッツを入れることでマイルドな味に仕上げている。

カシューナッツ香るマッサマンカレー
カシューナッツ香るマッサマンカレー

消費者と試食テストを繰り返し、その集計結果を元に開発される西友のプライベートブランドが「みなさまのお墨付き」シリーズ。その中で消費者テスト支持率85.3%の高評価を獲得したのが「カシューナッツ香るマッサマンカレー」。販売価格は180Gで150円(180g)。

続日本国内でのタイ料理ブーム

先日ご紹介した「日清のトムヤムクンヌードル」「明星 一平ちゃん夜店の焼そば タイ風グリーンカレー味」に続き、今回は西友がPB(プライベート・ブランド)商品としてマッサマンカレーを投入。

昨今、日系飲食企業のタイ進出をよく目にするが、それと同様にタイ料理の日本進出ブームも昨年以上に目立ってきた。タイ式カレーヌードル「カオソーイ」、ココナッツスープで鳥を煮込んだ「トムカーガイ」などといった他の人気タイ料理も、近い未来日本の市場に流通することも考えられるかもしれない・・・

source:mynavi.jp

あなたにオススメの3本
【映像】日本人がバンコクの屋台でタイ料理を頼んだらどうなるのか!?... 都市化の影響でバンコクの屋台は次々と閉鎖されておりますが、少しソイ(通り)の奥に入ると未だに昔ながらの屋台街に出会えます。 今回は、そんなタイのローカル屋台で日本人が普通にタイ料理を頼むとどうなるかを検証します。 BANG BANG BANGKOK...
ニッポンの味展が開幕。福岡の八女茶、博多ラーメン、福島の桃などが大人気!... 日本列島各地の味覚をそろえた食品物産展「テイスト・オブ・ジャパン」が12日、タイ・バンコク中心部にある「セントラル・チットロム」や「セントラル・ワールド」など商業モールで一斉に始まった。来月9日まで。 タイ語で紹介された最高級の伝統本玉露 タ...
タイ人にとって懐かしの「Nongpho」の学校牛乳がLAWSON108で販売開始... 子供の頃に学校で飲んだというタイ人も多い、懐かしの「Nongpho」の袋タイプのパスチャライズ(低温殺菌)牛乳が、タイのLAWSON108で販売されることに。 200mlで一袋12バーツ。味は、プレーン、チョコレート、コーヒー、ストロベリーの4種類。 ...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイのテレビをiPhoneで。「ThaiTV Pro」で世界のテレビ局63局の番組が視聴しよう