\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第11回-フレッシュな酸と甘さの絶妙なバランス

Last updated:

【Sakura Rose Syrah】(サクラ・ロゼ・シラー)生産地:カオヤイ

鮮やかなピンク色の、ちょっとお洒落なロゼ。カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」が贈りだした自信ある1本。

シラー100%でつくるロゼは難しいとされる中、伝統的手法を頑ななまでに守り通し、熟成させた。「Sakura」の名は、オーナーの奥さんの実名から。愛妻家の一面を垣間見させる。

ほんのりとした甘さと、まろやかな酸の絶妙なバランス。初々しいフレッシュ感が満載だ。花の咲く休日の昼に、盛り上げてくれそうな代表作といえる。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
フレッシュな酸と適度な甘さがタイ料理全般に合いそう。チリ、ハーブ、ニンニク、ナンプラーなどタイ料理に欠かせない調味料や香辛料とのマッチングが楽しめる。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

こちらの記事どうぞ
意外なマッチング?生のゴウヤ(ニガウリ)が入っているタイの屋台ラーメン... BTSオンヌット駅付近で、地元のランチタイムで人気誇る屋台があります。場所はオンヌット駅よりスクンビット81を入り、約150mくらいの場所(セブン・イレブン前) 普段よく見かけるリアカータイプの屋台ではなく、バイク改造型タイプ。屋台なのでお店の名前がなく...
在住日本人に嬉しいセブンで買える「みそ味」食品特集!... タイ人にも人気の日本食。最近はタイのセブンイレブンでも「日本風ビーフカレー」や「カツ丼」などが売られ始めました。今回注目したのは日本の心、「味噌」。 セブンで購入できるおすすめみそを使ったインスタント食品、意外とあるんです。 1.マルコメのインスタント...
民主化進むミャンマーで7月に初の交響楽団クラッシックコンサート。 日本人指揮者の福村芳一氏が指導のため渡航へ!... 民主化の進む東南アジア・ミャンマーで、同国で唯一の国立交響楽団が7月半ば、国内で初めてとなる本格的なクラッシック・コンサートを開く。指導・育成役として日本人指揮者・福村芳一氏が招聘されることも決まり、今月下旬にも渡航の予定。「音楽を通じての日本とミャンマーの架...
タイの銀行と業務提携進める日本の銀行調査。2011年以降急増!anngleまとめ(上)... 経済が好調のタイ。昨年一年間に投資委員会(BOI)に申請のあった投資予定額は史上最高の1兆4000億バーツ(約4兆億円、前年比約130%増)に上るものとみられている。このうち海外からの直接投資は約7000億バーツ。その60%にあたる約4000億バーツが日本から...
メディア
よく見られてる一本
タイ セブンイレブンの新配送サービス「SPEED-D」
タイのセブンイレブンが便利な配送サービス「SPEED-D」 を開始