\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第8回-すっきりとしたシトラスの香り

【NAGA Thailand/Siam white blemd】(ナガ・タイランド)生産地:ホアヒン

連載第2回の「モンスーンバレー・コロンバール」と同様、ブドウ品種としては珍しいコロンバールを使った1本。これに若干のシュナンブランを加えて仕上げている。

同じサイアムワイナリーの製造だが、NAGAは大衆向け、廉価版としての位置づけ。それでも、さらっとした飲み口は高級品に負けないクオリティを感じさせる。

すっきりとしたシトラス香は、時間とともに、熟れたメロンやマンゴーなどのトロピカルフルーツに似た香りに変化する。まさに「果実を飲む」といった感じに近い。複雑な香りの変化が楽しめる。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
余韻のすっきりとした爽やかさが特徴の白ワイン。タイ料理全般と合うだろう。是非、冷やして味わってみてほしい。低価格ながら完成度の高い1本と言える。カジュアルに飲めるワインと言ってもいいだろう。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

オススメ記事
カレーうどんが絶品 「水琴」のお手頃ランチメニューを食べてきた... 今回は、日本食でもあまり食べる機会が少ない"カレーうどん" お店はBTSのプルンチット駅、またはチットロム駅より徒歩で5分〜10分にある、建物が御影石でデザインされたお店の水琴(すいきん)さん。 御影石の建物 カレーうどんと炊き込みご飯膳...
バンコクで美味しい国産和牛が食べれる時代の試食会... 2月15日、タイのバンコクにある飲食店「Otaru-小樽」にて、主にタイのマーケットに向けた日本産和牛の特別試食会が開催された。 前回の和牛試食会と同様、ブランド牛の近江牛のほか今回は岩手牛と松永牛(島根県)の2品目が参加し、計5品の料理で独自の飼育方法...
日タイ品種を掛けあわせて30年!5種類の奇跡のマンゴー... 日本人が、チェンマイで30年の歳月をかけて、日本の品種とタイ産マンゴーの交配種を重ねて誕生した奇跡のマンゴー。管理・運営する美林開発の西山代表は「農園創業者が道楽ではじめ、20年は失敗の連続でした。ここ10年でようやく納得のいくマンゴーができました。」と語る。...
自宅でうまっ!最近発売された美味しいタイ食品まとめ... 即時品切れで話題となった日清の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」以降、次々とタイ関連食品が販売されるようになりました。以前まではタイ料理=辛い、匂いがキツイというイメージはなくなり、一般家庭にも少しずつ浸透しつつあります。 そこで、今回はここ数ヶ月...
メディア
よく見られてる一本
QRコード対応バス Photo by mgronline
タイのバス会社がQR運賃払いに苦戦し利用者へのPRを強化