Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第7回-貫禄ある古木の味わい

Last updated:

【Granmonte The Orient 2009】(グランモンテ・オリエント)生産地:カオヤイ

赤ワイン用ブドウ品種シラーを100%使ったトップグレードの1本。15年あるいはそれ以上の古木から採れたブドウの実のみを厳選、丁寧に仕上げた。

根が地中深くまで達し、地下のミネラルをふんだんに取り込んでいることから、ドライでガッシリとした貫禄ある味わいに。若木の華やかさとは異なった大人の風格を醸し出している。

澄みきったガーネット色は、絨毯などに使われる紫がかった濃い赤色。それだけで落ち着きを感じさせてくれる。フレンチオークとアメリカンオークの新樽を使用して、インパクトの強い仕上がりとなっている。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
ワインだけでも十分世界に通用する質の高い赤ワイン。カカオやコーヒーの香りに加え、酸と果実味の絶妙のバランスは、素直に「美味しい」と喜ぶことができる。シラーを使ったスパイス香から、胡椒を多めにかけたサーロインステーキ、あるいはラムの香草焼きなどとの相性が良さそうだ。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

あなたにオススメの3本
平和、自由、人材、腐敗、自殺、幸福…世界指数ランキング一挙掲載... さまざまな政府機関、民間研究機関などが発表している「指数ランキング」。十分納得できるものも、おや「?」と小首を傾げたくなるものも実に多様。ひとたびインターネットで打ち込めば、あれよあれよと豊富なデータが検索できるありがたい世の中。あまりに多すぎて目移りがしそう...
バンコクで話題の鶏そば屋「七星(ななせ)」に行ってきた!... 鶏白湯らーめん「七星」 ここ最近、タイで話題になっているラーメン屋、七星(ななせ)。ブログ等で見かけてから気になっており、鶏白湯ラーメンが80バーツからとの事。どんなラーメン、どんなからくりで、日系のラーメン屋がこの値段で出せるのか気になったので行ってみまし...
タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識  おススメの魚麺屋さん... 好評をいただいております「タイの屋台の基礎知識」シリーズ。前回までは、一般的なよく目にするクイティアオ(麺食)をご紹介してきましたが、今回からはタイでも一風変わった珍しいクイティアオをお届けします。初回は魚肉を練り込んだ魚麺屋さん。是非、食べに行ってみてくださ...
メディア
よく見られてる一本
76回目-バンバンバンコク
第76回 タイ人は日本人が好き!?