Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第4回-ピリ辛でも、ちょっとトロピカル

Last updated:

【Sawasdee Khao Yai Chenin Blanc】(サワディー・カオヤイ)生産地:カオヤイ

フランスのロワール地方や南アフリカでよく栽培されるシュナンブランを、タイのカオヤイ地方に持ち込み移植したところ、独特な風味を持つ苗木に成長した。

もともと、テーブルワインやスパークリングワインなど、主に甘口向けワイン用品種とされてきたシュナンブラン。ところが、タイ産のそれには、従来のキリリとしたピリ辛感に加えて、どこかトロピカルな香りが加味されたという。

照射が強く、その一方で一日の気温差が大きいなどブドウの生育に適しているとされるカオヤイ地方。タイ東北部イサン地方の玄関口で、シュナンブランは独自の「進化」を遂げた。厚みのある深い味わいに舌鼓を打つワイン愛好家は少なくない。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
シュナンブラン特有のピリリとした辛口感は、コース料理の「前菜」によくマッチする。タイ産のシュナンブランでは、新たにトロピカルな感覚が加わったことから、その個性を活かして、タイ料理の前菜に登場する生春巻きなどソースの甘い料理に是非、合わせてみたい。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

あなたにオススメの3本
タイのビールも良いけれど、たまにはドイツで乾杯!... タイでビール?やっぱりシンハーでしょ! というのは置いておいて、たまにはドイツビールはいかがでしょ? こちら、ドイツはミュンヘンの大手ビール醸造所、「PAULANER(ポーラナー)」。ミュンヘンで年に一度、およそ16日間に渡って行われるドイツ最大のビー...
タイの人々の暮らし 第7回 食品の持ち帰り(中食)文化・頻度と外食... 毎週金曜日に掲載している新企画「タイの人々の暮らし」。一般のタイの人々がどのような生活を送っているのかをご紹介、衣食住ごとに1話完結でお届けしている。「食」のシリーズ連載中の今回は、意外に多い「持ち帰り」のお話。新たなビジネスチャンスにつながるかも!? ...
進む円安バーツ高。この5ヵ月で2割も下落 つい先日、バンコクを訪れた友人が悲鳴を上げていた。「おいおい、マジかよ。この間、8月に来た時は1万円を両替して4000バーツ以上あったのが、今じゃあ3000バーツちょっと。これじゃあ、土産を減らさなくちゃいけないな…」 このところ急激な勢いで進む円安バー...
メディア
よく見られてる一本
ตอนป่วย...
やはり保険は感動よりも詳細内容!?タイの生命保険の新CM