Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第3回-スパイスの香り効く男らしい味わい

Last updated:

【Granmonte Heritage Shrah】(グランモンテ)生産地:カオヤイ

フランスのコート・デュ・ローヌ地方を原産地とする赤ワイン用ブドウ品種シラーを100%使った1本。強い日射しが降り注ぎながらも、寒暖の差が激しいというカオヤイの気象条件がシラーの生育にマッチ。品質の良いブドウが収穫できることが分かった。
このブドウ品種を使用したワインは、甘く香ばしいスパイスに似た香りを持ち、色は濃赤色、男性的で力強い味わいとコクが特徴だ。フランス、タイのほか、オーストラリア、チリ、米カリフォルニアでの栽培も有名。
カオヤイにある醸造元の娘がオーストラリアにワイン留学。その技術を持ち帰り、タイ産赤ワインとして完成させた。日本にも出荷しており、上々の出来として高い評価を得ている。世界で最も影響力のあるワイン評価機関「ロバート・パーカー」で83点(100点満点)を獲得したことでも知られる。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
野性味溢れるグランモンテには、ステーキなどの肉料理がマッチするが、胡椒やナツメグ、シナモンなど香辛料の効いたタイ料理にも実に良く似合う。フランス産のシラー品種ワインと同様、アルコール度数を抑えた飲みやすい1本で、味と香りを心地よく楽しむことができる。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

あなたにオススメの3本
バンコクいい店やれる店 ~中華の鉄人の父、日本の四川料理の父が創りだした逸品をバンコクでも~... 今年2月からタイのTV局チャンネル7で「料理の鉄人 タイランド/ IRON CHEF Thailand/ ศึกล้างตาแห่งปี」の放映が始まった。この番組は単なるパクリ企画ではなく、日本のフジテレビと電通が全面的に協力してセットから演出まで日本の料理...
1本5バーツの豚串で娘を英留学させポルシェ所有、噂の名物おじさんが焼く究極の一本がヤバイ... 場所は夜のBTSサラーデーン駅。シーロムコンプレックスを左手にし、少々南下したところにコンベント通りという小道がある。その入口でいつも煙を上げている体の大きなおじさんがいる。 彼のニックネームはウワンさん。(タイ語で"肥満") じっとり味が染み込...
日本人ばかりの吹奏楽団が初めての定期演奏会。団員も募集中!... タイに滞在する日本人でつくる吹奏楽団「バンコク ブラスバンド」が8月5日、初めての定期演奏会を行う。バンコク・トンローにあるプリディパノムヨン劇場で午後1時半開演。入場無料。メンバーらは最後の仕上げに向け、練習を重ねている。 バンコクブラスバンドは昨年8...
メディア
よく見られてる一本
犬にとってのエスカレーターって?
タイの野良犬がエスカレーターで混乱中