ANNGLE公式グッズストアオープン!

バンコク老舗のラーメン店「孔雀堂」の噂のサイドメニューとは?

トンローソイ18、トンロータワーの1階にある「孔雀堂」は深夜3時までと、バンコク市内のラーメン屋さんでも一番オープン時間が長いお店。(注:現在は隣のJ-DIビル2階に移転しています)

日本人が沢山住むスクンビット55エリア(通称ソイトンロー)は、まごころラーメン、山小屋ラーメン、桂花ラーメン、むつみ屋、など、5店舗以上が暖簾を上げているラーメン激戦区。その中でも「孔雀堂」は先駆者的なラーメン店。

他のサイトでも紹介されているように、メインでもある「孔雀堂らあめん」、「黒ごまマー油らあめん」、「白塩ネギラーメン」は普通も美味しいのですが、実はサイドメニューの“揚げ春巻き”が絶品だったりします。

白塩ネギらーめん

美味しい春巻きとは「千切り」にされた椎茸や竹の子に、とろみのきいたアンを和え、高温の油で短時間で揚げること。孔雀堂では、揚げ春巻きの基本でもある上記の工程が、忠実に守られており、隠れた本格サイドメニューとして人気があるようです。

揚げ春巻き

すこし粘りがあるマスタードをこすりつけて、醤油をつけて食すのがうまい。飲み歩きの締めに、美味しいラーメンと、本格中華はいかがでしょうか。

[googlemap lat=”13.735237156476108″ lng=”100.58453321456909″ align=”undefined” width=”444px” height=”250px” zoom=”16″ type=”G_NORMAL_MAP”]13.735237,100.584533[/googlemap]

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580