Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

飲みやすくて食べやすくなったココナッツの技術革新

缶ジュースのようなココナッツの実
缶ジュースのようなココナッツの実
Last updated:

日本では「椰子の実」ともいわれ、タイ料理やデザートなどにも使われる南国フルーツのココナッツ。しかし、ココナッツの果実は繊維質の厚い殻に包まれているため、素人が開けることはとても困難でした。

そんな飲みにくく、食べにくいココナッツをレーザーカット技術を使って飲みやすくする製法が「Banpod Klearpuangpit」という企業が開発しました。

機械の開発研究を行ってから約5年。ココナッツを簡単に楽しめる特殊加工は、缶ジュースのように飲み口に金属製のタブがついていおり、だれでも簡単に開けることができるようになっています。

金属製のタブ
金属製のタブ
開けるとこんな感じ
開けるとこんな感じ
ストローを刺す
ストローを刺す

また、中の果汁を飲んだあとも、中の果肉を食べやすいように大きめの切れ目もついており、スプーンを使えば誰でも手を汚さず美味しいココナッツをたべることができます。

果汁を飲んだ跡
果汁を飲んだ跡
スプーンで中身を食べられる
スプーンで中身を食べられる

タイ、ニュージーランド、カナダ初めとし販売先は今後世界各国へ広げていくとしています。日本でも気軽にココナッツを楽しめるようになるかもしれませんね。

あなたにオススメの3本
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。番外カオヤイ編2-楽しんでやっていきたい... 「父が一生懸命、良いブドウを作ってくれるから、私は出来る限りその味を活かして、美味しいワインを作るだけ…」 静かな語り口の中に、どこか秘めた思い。タイ・カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」で、オーナーの父ウィスット・ローヒットナーウィ(V...
バンコクのタコライスが美味しい店 本格的雨季に突入したバンコク。毎日雨が降る。蒸し暑い。まあ、雨季なんてこんなもんと思ってる人も多いかもしれないけど、雨は2時間土砂降り、そしてカラッと晴れ上がる、こんな感じの天気がバンコクの雨季だったはず。最近の雨季はどうも切れが悪い。残尿感の残る雨。地球温暖...
場所はタイの東大前!「カレーの王様」がバンコクに初出店... 4月24日、バンコクのショッピングセンター「アイムパーク」に日本のカレー専門店「カレーの王様」のオープンしました。 場所はタイの名門大学の側 「カレーの王様」は、スパイス・メーカーのアンテナショップとして、1973年に銀座で創業。オリジナルの欧風カレー...
編集
よく見られてる一本
平和、自由、人材、腐敗、自殺、幸福…世界指数ランキング一挙掲載