BNK48初の選抜総選挙、栄冠は誰の手に・・・?

第一回BNK48総選挙、投票直前特集

BNK48初の選抜総選挙
BNK48初の選抜総選挙
Last updated:

さあさあ、界隈はかなりざわついてきましたよ。何かって? そりゃあBNK48第6弾シングルCD選抜総選挙の開票が目前と迫っていますからね~。なんたって記念すべき第一回ですからそれぞれの推しメンを上位にあげようとファンの意地と意地がぶつかり合い消耗戦が繰り広げられているわけです。

急きょ投票受付のリミテッドが一日延期

本日投票券付きMusic Cardの販売締め切りがなされた直後、急きょ投票受付のリミテッドが一日延期されるアナウンスが流れた。滑り込みでの購入が殺到したため、投票コードの送付がギリギリになってしまい、投票に間に合わなかったというクレームを危惧したのだろう。ただ前日ギリギリまで投票させて開票までに間に合うのか?という懸念もある。AKB48の総選挙と異なり弁護士など第3者が開票に立ち会い、公平性を保つ、不正を防ぐといった取り計らいは一切ない。

途中結果
途中結果

まああっても表面的でほぼ身内の第3者を立ち会わせるにとどまるだろう。これまでの運営のやり方を知っている者はタイ人であれ、多くの不安も不信も抱いている。ただ、だからといって推しメンを悲しませることはできない、喜ぶ笑顔が見たい、そういった求心力が多くのファンを投票へと駆り立てている。泣いても笑っても1月26日インパクトアリーナで行われる会場で結果は発表されるのだ。その昼間帯には事前コンサートがあるのだが、メンバーは気が気でない状況でのパフォーマンスを強いられることになるであろう。

BNK48総選挙の見どころ

20歳そこそこの女の子たちに耐えうるのだろうか。当日のことを考えると筆者ですらざらざらした気持ちにさえなる。不動のリーダーCherprangが下馬評通り輝く第一回目の総選挙を制するのか?はたまたNHK紅白で日本人からも支持を得て帰ってきたMobileが伸びを見せるのか?それともダークホースが現れるのか? 

速報第2弾で一気に22位にランクインしてきたIzurinaは選抜入りするのか?19位に少し失速してしまったMioriは最後の意地をみせるのか?いろいろと見どころはあります。そのような背景を感じながら1月26日19時は、BNK48公式Facebookで生配信される会場内の様子を是非ご覧になって頂きたい。

AKB48 Group Asia Festival 2019

タイ国内が選挙熱で沸騰している中、うって変わってAKSが打ち出してきた世界7グループ合同コンサート「AKB48 Group Asia Festival 2019」が翌日1月27日開催される。7グループが一斉にそろう一大イベントは今回は初めて。

AKB48(日本) BNK48(タイ王国) MNL48(フィリピン) SGO48(ベトナム) JKT48(インドネシア) AKB48TeamTP(台湾) AKB48TeamSH(上海、中国)以上が参加グループなのだが、本店とJKT48,BNK48を除くと結成から日が浅いグループが多く、日本からとタイ国内を除いてあまり集客が見込めてないようだ。少なくとも1月22日現在の空席状況は少し残念なレベルとなっている。
時期尚早だったという点も否めないが、当日までの盛り上がりに期待しよう。

とかく年始早々Japan Expo Thailandなど日本のタレントが大挙するイベントもあり、タイアイドル業界は今絶頂期を迎えようとしている。1月25日から27日までバンコクではこのように多くのイベントが行われているので、ご家族みんなで盛り上がってみるのもよろしいのではないだろうか。

AKB48 Group Asia Festival 2019
AKB48 Group Asia Festival 2019
あなたにオススメの3本
まつ毛オタクのマツエクサロン「eyelash salon Seedring」 大分県に2店舗を構えるエステサロンのシードリングループのまつ毛専門店「シードリング」がバンコクのプラカノンにオープンしました。 まつ毛オタクが作ったお店 オーナーののぞみさんは、15年間日本のマツエク事情と共に生きてきた、まつ毛オタクだそうです。なんと、初...
絶妙な土臭さがエレガントに表現されたタイ発の日本人によるシルバーブランド”Edda”... 辰吉丈一郎の限定アクセサリー、アントニオ猪木の2億円ベルトなど、スポーツ業界とのつながりも濃いヒログローバルネットワーク社の木本洋氏がプロデュースするアクセサリーブランドが"Edda(エッダ)" 猪木“超破天荒”で話題になった二億円ベルト "Ed...
タイの田舎に住む少年が世界ブランドのモデルに タイのカンチャナブリ県に住むカレン族の少年クリアオ君(14歳)は、普段は地元の旅行ガイドなどを手伝っている元気な中学生。その彼の元に2月末、とある外国人グループからガイドの依頼が入った。 普段のクリアオ君 運命的な出会い 外国人グループと一緒に...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
続「Love bangkok project」パトゥンタニへ再び〜