Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのアイドルが日本の正月番組へ

タイ人アイドルユニットBNK48が第69回NHK紅白歌合戦に出場

BNK48
BNK48
Last updated:

先頃日本から驚くべきニュースが入ってきた。我らがBNK48が、あの歌番組の殿堂「NHK紅白歌合戦」に出場するというのである。先頃HKT48の卒業を発表した指原莉乃さんをサポートするためのようではあるが、それにしてもデビュー2年目のタイの女性アイドルがNHK紅白に出場とは前代未聞の快挙だ。

ダブルセンターの噂

新人タレントは、運や行政(業界用語で芸能事務所の力で仕事をねじ込むこと)だけでは流石に紅白は出れない。その実力や人気、話題性が日本で認知されたことが大きいと思われる。指原さんがセンターを務め、BNK48でもその起爆剤となった「恋するフォーチュンクッキー」をダブルセンターで歌うのではないという噂すらある。となると自ずとBNK48からの出演メンバーが見えてくるのだが…。是非今年の大晦日は「NHK紅白歌合戦」をお楽しみにしていて頂きたい。

BNK48がNHK紅白へ Image by NHK紅白
BNK48がNHK紅白へ Image by NHK紅白

初開催のファンのイベントの盛り上がり

12月22、23日で「BNK48 FAN FESTIVAL 2018」というイベントが開かれた。それぞれの私設ファンクラブがブースを出し、推しメンをプロモーション(何をやるかは自由)していくというなかなか面白い企画を行った。いろいろとごたついたツーショット撮影会の予備日(Cherprangのみ)だけだとあまりにもやっつけ感があるので、とってつけたようなイベントだったが、結果的に集客につながり物販も飛ぶように売れ成功だったかと思う。

FAN FESTIVAL
FAN FESTIVAL

時期的にブースでは選挙ムード一色ではあったが、投票数に応じてファン制作のオリジナル商品をプレゼントしたり、オリジナルゲームでお祭り屋台のようなブースにしたりなどで独自に盛り上げを見せていた。また中央ステージでは、各ファンクラブに20分程度の時間を割り当て、推しメンのプロモーションビデオを流したり、オリジナル又は既存の歌を歌い推しメン愛を披露していくのも見ものであった。二度のオフィシャルタイムでは実際にメンバーも来場し、ミニコンサートやBNK48のゲームアプリを楽しむような場面も見られた。

日本人ファンはターゲット外!?

このように国内外で更なる快進撃を繰り広げるBNK48であるが、何故か在タイ日本人社会では、その名前こそ知れてはいるがいまいち盛り上がりにかけるところがある。やはりそこにはプロモーションに問題があると言わざるを得ない。タイではタイ人向けにもちろんタイ語で、日本では日本のメディアが日本語でプロ―モーションを行っていくのだが、在タイ日本人用にプロモーションを行っている媒体が先ずほとんどないのだ。

BNK48 FAN FESTIVAL Photo by Tossy
BNK48 FAN FESTIVAL Photo by Tossy

タイ運営は、以前は英語でも告知を行っていたが、最近はタイ語オンリーでしか告知をしなくなった。在タイの日本人用メディアもほとんど後付けばかりで取り扱わない。同じく海外グループであるJKT48はジャカルタ語、英語、日本語で常に告知がおこなれるのに、である。その結果が選挙に現れるかと思うと何かしたたかなものを感じざるを得ない。

あなたにオススメの3本
タイで超絶COOLなアロハシャツを作る方法 前編 10年以上前ハワイで購入した思い出深いアロハシャツ。常夏の国であるタイに来てからのヘビーローテーションがたたり、ついに破れてしまいました(悲) 思い出深いアロハシャツ WIKIPEDIAによると、アロハシャツはハワイの民族衣装として、式典や冠...
ところ変われば色も変わる 第13回 紫の色の持つ効果~人を魅了し引き付ける感性の色~... 強い紫外線の影響から「独自」の進化を遂げたタイのカラー文化。最前線を行くMichiko Taokaからの報告――。 紫色は、創造力・直感力・感覚を司り精神的な内面を表す色です。芸術家に愛される色でもあり、アイディアの源となるような感性や自尊心を高める効果...
タイはアジア最大級の美容製品マーケット ロレアル(タイランド)が2014年8月、タイの美容製品マーケットに関する情報を公開しました。 タイの美容製品マーケットの規模は全体で777億2千万バーツ(約2300億円)。 内訳としては、スキンケア製品が357億5千200万バーツ(約1000億円)...
キュレーター
よく見られてる一本
紛失した「人民党プレート」 ©soimilk
今、タイで話題の「立憲革命記念プレート紛失」からタイの歴史を垣間見る