Now Reading
ほんとに動いている?タイの南部経済回廊

ほんとに動いている?タイの南部経済回廊

南部経済回廊(1.5秒遅れ)

タイに少し詳しいビジネスパーソンであれば、タイ政府が推し進める国家プロジェクト「東部経済回廊(EEC)構想」をご存じでしょう。タイ東部地域で進める産業高度化を目指した、巨大インフラ整備を中心とする一大計画ですね。

おさらい。東部経済回廊(EEC)構想

中でもバンコクと東部経済特区(SEZ)を結ぶ高速鉄道計画は総延長220キロで、ドンムアン空港、スワンナプーム空港、ウタパオ国際空港(東部ラヨーン県)の3空港を結び、人やモノの流れを大きく変える新線です。既存の高架鉄道エアポートレールリンク(ARL)パヤタイ駅―スワンナプーム空港(総延長29キロ、最高時速160キロ)に加え、ドンムアン空港―ARLパヤタイ駅(総延長21キロ、最高時速160キロ)、スワンナプーム空港―ウタパオ国際空港(総延長170キロ、最高時速250キロ)を新設。

スワンナプーム国際空港
スワンナプーム国際空港TheDigitalWay / Pixabay

スワンナプームからはチャチューンサオ―チョンブリー―シラチャ―パタヤ―ウタパオ国際空港の計5駅となるそうです。さらに、ARLマッカサン駅と新設予定のシラチャ駅をターミナル駅として開発する予定で、運賃は、ARLマッカサン駅―パタヤは270バーツ、同駅―ウタパオ国際空港までは330バーツだといいます。また、事業全体の投資額は2,000億バーツ(約6,800億円)を見込み、50年間のBOT(建設、運営、移管)事業として入札を実施する模様。入札については国際入札で、官民連携型(PPP)を導入。

首相府のゴブサック大臣は、「今月中にも入札手続きを行う予定で、現時点ではヨーロッパ、日本、中国の企業が興味を持っていると聞いている」とコメントしています。その他、ラヨーンから先のチャンタブリー・トラートまで延長する第2期プロジェクトもすでに予定しており、将来的にはカンボジアと通ずる国際高速鉄道を目指すという。実現した場合、バンコク―チャンタブリーは100分、トラートまでは120分でアクセスが可能となるそうです。その他、EEC計画は、官民により総額1.5兆バーツ(約5兆円)を投じてタイ東部のインフラ整備を進め、ロボティクス、デジタル技術、次世代自動車などの新たな産業の誘致育成を図ります。

閑話休題。今回の話題は南部経済回廊!

前述の計画を推進し、日系企業をはじめ多くの外資企業が注目するEECですが、そんな中、タイ政府が次なる構想として昨年ぶち上げたのが、南部経済回廊(SEC)4県(チュムポーン、ラノーン、スラータニー、ナコンシータマラート)です。EECと同じく、同地域の経済発展を目指した計画で、国内外からの企業誘致を望んでいます。

先日、タイローカル紙で発表された2018年における新規企業登録数は、2452社(前年比1.9%増)で資本総額は55億686万バーツだったそう。内訳は不動産がトップで261社(同10億9,800万バーツ)、次いで建設234社(同6億3,385万バーツ)、ホテル・リゾート192社(4億6,450万バーツ)と続きます。そのうち、外国資本の入る企業は約1割で、中国、フランス、英国、ロシアの順でした。

日系企業が見当たらないのは、やはり日本人には馴染みの薄い地域だからでしょうか。それでも、タイ政府によると2019〜22年までに総額1,060億バーツの投資予定があり、それに伴う民間企業の投資も拡大するとのことです。

EECとSECを接続?

そして、タイ政府によると、EECとSECは接続させることで外資からの投資を加速し、地域住民の所得向上に大きな貢献が期待されるのだそうです。本当に?と首を傾げた人もいるかもしれませんね。先ずは、EECとSECでは投資規模が違いすぎる点と、接続する意味が本当にあるのでしょうか?EECには、レムチャバンのほか、2つの大きな港と3つの国際空港が繋がり、なおかつ、既存工業団地が多く、新規開発というよりは、同域内の拡大計画という位置付けが正しいでしょう。

マレーシア、インドネシア
マレーシア、インドネシアMichaelGaida / Pixabay

すでに完結型のEECにSECと連結させてメリットがどれだけあるかはわかりません。ただし、果てはマレーシア、シンガポールと続くラインでもあることから、何かしらSEC域内での産業高度化が生きるのかもしれませんが、時期尚早のような気もします。先ずは、どこまで投資が促されるか見ものですし、EECをもっと加速化させるのが先決のような気もします。もしかしたら、3つ目の回廊構想が発表されるかもしれませんし、ある意味、タイ政府の経済政策からは目が離せませんね。

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.