Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの若者が選ぶ「働きたい会社 2017」トップ10

SCG ©Work Venture
SCG ©Work Venture
Last updated:

WorkVenture社が、タイの若者が就職したいと考える企業をランキング形式で発表した。
大学在学中、または大学を卒業したばかりの19~23歳の若者が今回の調査の対象で、計2,388人からデータを収集しランク付けを行った。

タイの若者が選ぶ、2017年「働きたい会社」トップ10とその業種

1位:SCG(サイアム・セメント)【化学/建築資材/紙】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」1位のSCG ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」1位のSCG ©Work Venture

2位:PTT【エネルギー】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」2位のPTT ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」2位のPTT ©Work Venture

3位:Google【IT】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」3位のGoogle ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」3位のGoogle ©Work Venture

4位:トヨタ【自動車】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」4位のTOYOTA ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」4位のTOYOTA ©Work Venture

5位:タイ国際航空【運送】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」5位のThai Airways ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」5位のThai Airways ©Work Venture

6位:GMM Grammy【エンターテインメント】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」6位のGMM Grammy ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」6位のGMM Grammy ©Work Venture

7位:CPF(ジャルーン・ポーカパン・フーズ)【食品】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」7位のCPフーズ ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」7位のCPフーズ ©Work Venture

8位:Agoda【旅行】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」8位のAgoda ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」8位のAgoda ©Work Venture

9位:Facebook【IT】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」9位のFacebook ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」9位のFacebook ©Work Venture

10位:ユニリーバ【消費財】

タイの若者が選ぶ「働きたい会社」10位のUnilever ©Work Venture
タイの若者が選ぶ「働きたい会社」10位のUnilever ©Work Venture

タイの若者の就職に対する意識の変化

安定感のある、福利厚生の良い企業で働くことを望む若者が多い一方で、勤務時間の柔軟性、ワークライフバランス、キャリアへのチャレンジ、キャリアアップ、職場環境やマネージメントに至るまで、金銭面よりも自分のライフスタイルに合った様々な要素に重きを置く若者も一定数存在し、8位にランクインしたAgodaなどのベンチャー企業も人気を集める結果に繋がった。

この、古い組織よりも新しい会社で働くことに若者が興味を持ち始めていることは、今年の新たなトレンドと言えるようだ。

尚、今回のランキングのトップ50に選ばれた日本企業は、トヨタ(4位)とホンダ(29位)の2社のみでした。

タイの若者にとっては、大企業からベンチャー企業まで就職の選択肢が数多く存在する現在、たとえ日本企業であったとしても、上述の様々な要素によっては魅力的には感じられなくなっている、ということなのかもしれません。

Source: MarketingOops!, Work Venture「Top50 Companies for Gen Y 2017

あなたにオススメの3本
最近のタイ人は日本のどこの地域に興味を持っているのか?... 中国人観光客のバク買いブームは一段落したものの、地方は引き続きインバウンドブームのまっただ中。先日もバンコクで恒例の旅行博「TITF(BANGKOK INTERNTIONAL TRAVEL FEAR)」が開催され、日本や海外旅行に興味を持った大勢のタイ人が「ク...
GSP失効で迫る輸出危機 – 急ピッチで進められるタイ・EU間FTA交渉... 今年5月にタイ・EUのFTA(自由貿易協定)交渉が開始された。タイは2014年末をもってEUの途上国向け特恵関税であるGSP(一般特恵制度)対象国から外れる可能性が高いことから2年以内でのタイ・EU間FTA妥結を目指し、急ピッチで交渉が進められている。早期妥結...
人気は交通広告とネット広告!2014年タイの総広告費 米大手調査会社ニールセンの発表によると、2014年タイ国内の総広告費は1023.5億バーツで前年比9.5%減とのこと。 2014年度、タイ国内の媒体別広告費 広告媒体全体での比率は落ちているが、交通機関とインターネットでの広告は若干ながら伸びています。...
よく見られてる一本
「タイのメッシ」がいよいよJリーグに!チャナティップが札幌合流